60代で貯金が無い状況を打破する方法

あと数年で定年となる方、もしくは既に60代に突入している方で貯金が無い・少ないといった状況に悩んでいるのではないでしょうか。

貯金を増やすためには、生活費を抑えるか収入源を増やす、収入を伸ばす以外に方法はありません。しかし、この中で生活費を抑えるという方法には限界があるため、改善できるケースと出来ないケースに分かれます。

収入を伸ばすという方法は、基本的に現役世代の時に実行できる改善策です。

ということは60代で貯金が無い状況を打破するためには、収入源を新たに増やすことが現実的になります。

そこで今回は、今日・明日から始められる60代や定年前から少しずつ貯金を増やす(収入を増やす)方法をご紹介します。

コスト0円で始められるスペースビジネス「特P」  

60代で収入無しの状況を改善する方法

60代で収入無しの状況を改善する方法の1つとして、自宅の駐車場や私有地の中で空いているスペースを貸す、いわゆる駐車場経営を始めてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら「駐車場経営は初期費用が掛かるから敬遠している」、と考えている方もいるかもしれません。しかしここでご紹介するものは、初期費用と維持コスト0円で始められるタイプの駐車場経営になります。

駐車場シェアリング「特P」を活用

初期費用と維持コストが掛からないタイプの駐車場経営とは、駐車場シェアリングサービスを利用することです。

駐車場シェアリングサービスとは、自宅の駐車場や庭、空いたスペース(私有地に限る)など、空いている土地を個人に貸すことができます。

月極駐車場やコインパーキングとの違いは、一定規模の土地を購入・整地する必要がなく、自宅の庭や駐車場も手軽に貸せる点です。

更に手数料コストは収益が発生した時のみですので、収益の少ない月や0円の月があったとしても赤字になりません。

コスト0円で始められるスペースビジネス「特P」  

特Pの利用方法

特Pの利用方法を、簡単にまとめます。スマホアプリで駐車場の予約管理や収益管理ができ、駐車場経営を初めて行う方にもハードルが低いです。

  1. 公式サイト右上「駐車場無料登録」をクリック
  2. 氏名や住所、メールアドレスやパスワードを設定
  3. 登録完了後、貸し出す場所の写真を撮影・アップロード(分かりやすい構図で撮影すると、利用者が写真を見て予約しやすい)
  4. 貸出料金と貸し出し可能な日にちを設定
  5. 後はスマホやPCから定期的に売り上げ状況や予約状況を確認する

一般的な月極駐車場経営やコインパーキングと比較して、大きく違うのは手続きが簡単という点です。

また、自宅の駐車場を貸し出す場合に重要な、貸出日や時間も指定できる点にも注目でしょう。

特Pは60代貯金なしの状況を打破する一歩

特Pが、なぜ60代貯金なしを解決できる可能性があるといえるのか。

それは、非常に低コストで月数万円の収入を、体力を使わず稼げるからです。

特Pで掛かるコストは、手数料コストのみとなっています。

また、駐車場を貸し出して収益が発生した時だけ、売上の30%を手数料として差し引かれるだけですので、売上が無い月が発生しても手数料を支払い続けることはありません。

特Pで自宅の駐車場を貸し出す場合の売上

特Pの公式サイトには貸出事例が載っており、自宅の空きスペース(車2台分)を貸し出している方は、月53000円の売り上げを出しています。

国民年金のみの場合は、1人あたり65000円程ですので特Pの収入を足すと10万円を超える計算です。

また、厚生年金を受け取れる場合は、おおよそ9万円~18万円程度を考え、特Pの売上と足すと15万円以上の収入も期待できます。

もちろん、特Pだけで月10万円以上稼ぐためには、駐車スペース3代や4台以上は必要になります。

また、貯金ができるかは生活状況によっても変わりますが、自身が働かなくても売上を発生させる仕組みですので、その分他の収入源を作る時間に充てることが可能です。

60代貯金無しの状況を変える一手になる特P

60代から貯金を増やすためには、自らが働かなくてはいけない場合もあるでしょう。しかし、持病がある方や体力面や生活面の事情から、仕事をフルタイムに近い状況で始めるのは難しいです。

そこで初期費用・維持コスト0円で始められる、駐車場経営サービスの特Pを利用してみる事をおすすめします。

空きスペースの面積や立地条件によっても、売上に変動があるものの登録完了したその日から自宅の庭や駐車場、その他駐車場に使用出来る空きスペース(私有地)を貸し出すことが可能です。

また、駐車場を利用する特P会員は、対物保険の加入を必須としているので万が一自宅の駐車場に傷や破損が起きても、保険でカバーできます。

60代で貯金無しの状態でも、特Pなどのサービスを利用することで貯金を貯めたり生活費をカバーしたりできるので、この機会に是非利用してみてください。

【公式サイト:登録・初期費用0円】

 

コメント