データ入力とは?【用語集】

データ入力とは、パソコンを使ってデータ入力を行う仕事の総称です。

入力内容は、顧客データや商品データなど多岐に渡っており、アルバイトと在宅ワークでは更に違いがあります。

また、アルバイトの場合は、データ入力という名称で求人募集していても、事務作業などデータ入力以外の仕事を求められるケースもあります。しかし、時給制ですから収入は安定して得られます。

一方、在宅ワークの場合は、あらゆる情報をデータに直す作業のみの代わりに、出来高制という収入の不安定さがデメリットとなります。

それでは、データ入力の仕事内容について解説していきます。

データ入力の仕事は文字を打つだけではない

アルバイト、在宅ワークどちらの働き方でも、データ入力は文字を打つだけの作業とは限りません。

以下に主なデータ入力を紹介します。

  • 名刺、手書きのデータや議事録などを、エクセルやワードなどに入力する
  • コールセンターで顧客からの情報をパソコンに入力する
  • 事務作業を含むデータ入力
  • 顧客から渡された商品情報をエクセルに入力する
  • 音声データを文字に直す

また、雇用形態によっても仕事内容や報酬が違います。

  1. アルバイト・パート:未経験でも始められるケースが多く、データ入力とコールセンタースタッフが含まれることもあります。時給制が一般的です。また、短時間の勤務も可能です。
  2. 社員:社員の場合はデータ入力だけでなく事務作業や、他の仕事も含まれることがほとんどです。月給制が一般的です。
  3. 在宅ワーク:クラウドソーシングや在宅勤務可能な求人に応募し、データ入力を行います。成果報酬制が一般的で、未経験の場合は低単価なケースもあります。

正確性とスピードが必要な仕事

データ入力の仕事内容は多岐に渡っていますが、共通するスキルは入力の正確性とタイピングスピードです。

特に成果報酬制の場合は、多くの仕事をこなさなければ収入を得ること・増やすことはできません。また、アルバイトや社員として働いている場合も、スピードが伴わなければ仕事をこなすことができないでしょう。

そして、入力した内容に誤字脱字などが起きないよう、正確性も求められます。

データ入力の仕事は、顧客情報や商品情報など重要なデータを入力します。ですから、企業名や商品の名称・数量などを間違えて入力してしまうと大変なミスとなります。

在宅ワークの場合は、1度のミスで契約打ち切りの可能性もあります。アルバイトの場合もクビになるかもしれませんから、仕事に責任を持って確認しながら進めることが大切です。

データ入力について、もっと詳しい情報を知りたい方は以下のページも参照してみてください。

「在宅ワークとアルバイトのデータ入力で稼ぐには?【未経験者向けシリーズ1-1】」

 

 

 

コメント