FXがわからない方に向けて基本から解説!未経験者から初心者へレベルアップ

FXに興味があるんだけれども、よく分からない。かといって、自分で全て調べるのはちょっと・・。

という、めんどくさがりなあなたへ向けて、FXが分からないを分かるに変える記事を作りました。

本当に超初心者向け且つめんどくさがりな方へ向けているので、本格的に始める方は飛ばしてください!

この記事のポイント

  1. FXってなんぞや
  2. FXの特徴をコンパクトにまとめました
  3. この記事だけでFXを始めようと思わないこと

FXとは法定通貨の取引を略した言葉

FXとは、Foreign Exchangeをの頭文字を取った言葉で、「エフエックス」と読みます。

日本語では、外国為替証拠金取引と漢字のオンパレードとなります!・・・

おそらく、ここだけで大半の方はやる気が失せるのではないでしょうか。

私の場合は、FXについて挑戦しようと勉強しつつ、結局株式投資と投資信託に力を入れています。ですから、FXを経験している方に比べれば浅知恵といわれるでしょう。

しかし、それでもFXの仕組みやトレード方法・分析手法は一通り覚えています。

従って、FXの難しさやとっつきにくさも分かります。

つまり、ちょっと興味があるくらいでしたら、円やドルを売買するものと覚えておけばOKです(笑)

勿論、本格的に勉強する方はだめですよ(笑)

基礎から1つ1つ全て覚えることで、リスクを抑えることに繋がりますから。

本格的に覚えたい方へ向けた【FXとは?】

FX取引は、法定通貨の売買を行うことです。

基本パターンとして、円を買ってドルを売り、ドルを買い戻して円を売る、このような取引を繰り返します。

そして、FXの仕組みを知る上で欠かせないのが、以下の2点です。

  • 差金決済
  • 証拠金取引

差金決済とは、取引を始めてポジションを保有している段階では、自身の資金が移動しません。

では、いつ決済が行われるでしょうか。

例えば、買いポジション→売りポジション→決済、つまり買いから売りまで1セットを完了した時点で資金の増減が発生します。

従って、株式投資の現物取引などとは大きく違い、ポジションの移動のみでは資金移動(利益や損失)が確定しません。

証拠金取引とは、自身の資金を担保にして取引を行うことを指します。また、預けたお金を証拠金と呼びます。

差金決済の特徴を思い出してください。

売買・取引を行っている最中は資金移動が行われませんよね。

つまり、売買の結果、利益が発生すれば証拠金に資金が追加され、損失となれば証拠金から引かれます。

証拠金を使って取引するのではなく、証拠金を担保にして売買結果がプラスになるよう取引します。

原理を覚えたら、レバレッジや追加証拠金も覚えるのがおすすめです。

FXの仕組みや特徴について深堀りした記事は後日別途制作しますので、しばしお待ちを・・。

FXのメリットとデメリット

FXのメリットを以下にご紹介します。

  • レバレッジ取引によって少額取引でも大きな利益が狙える
  • 金利収入が得られる
  • 株式投資よりも短期的に大きく値動きするため、デイトレード向き

一言で表しますと、専業トレーダー向きであり会社員の副業としては、難易度が高いです。

FXのデメリットを以下にご紹介します。

  • 資産運用未経験者には難しい
  • 短期的に大損するリスクがある
  • 副業として片手間に取引するには時間が足りない
  • レバレッジ取引によって、追証となるまで損失を被る可能性がある

FXの場合は短期的に大きく値動きするため、初心者はカモにされる可能性があります。

FXは誰でもできる副業ではない

誤解のないように補足しますが、FXが副業に合わないのではなく、片手間で手軽に始められるものではないことを説明しています。

株式投資や不動産投資もリスクはあります。

しかし、FXが少額取引できる・投資の代名詞だからといって、初心者が手軽に取り組めるかといえば難しい話です。

もしこれから始めるのであれば、少なくとも1冊は書籍を購入したりウェブの講座などを拝見して、本気で準備してからにした方がいいです。

あと、デモトレードもおすすめですね

緊張感という点で役に立たない部分もありますが、最初から本番に挑むよりも良い点も多いです。

(デモトレードは経験あります・・!)

生活費や貯金に回す以外の資金(余裕資金)がある方は、FXを含めて投資に挑戦してみてもいいかもしれません。

余裕資金がない場合は、ムリに始めるものではありません。他にも副業としてコツコツ稼ぐタイプはありますから、視野を広げて1候補ぐらいに考えてみましょう。

極端な話、FXは趣味として少額取引で(レバレッジ無し)始めるのも精神衛生的にいいかもしれません!

 

コメント