サラリーマンが株の副業を始める時に知ってほしい3つの準備【株と副業】

初めましての方もいつも訪問して下さる方もこんにちは。

自営業でライター、サイト運営の仕事をしているキクチです。ツイッターではピックSという名前で日々更新してます。当サイトでは過去の副業経験から、これから副業を始める方に知っておくと役立つポイントや知識などを更新しています。

さて、サラリーマンの方で、今、株の副業を考えてはいないでしょうか。

数ある副業の中でもイメージしやすく、大きく稼げる印象もある株ですが実際は様々な知識や経験・リスク管理が必要とされる、難易度の高いものです。

そこで今回はサラリーマンが株の副業を考えた際に、知っておくとその後の作業に役立つ3つのポイントをご紹介していきます。

  1. 株を始める時は損失について正しく認識しておく
  2. 株で副業を始める前に余裕資金を確認
  3. そもそも株の副業が自分に合っているか再確認すること

サラリーマンが株の副業を始める時は資産を減らさない事

サラリーマンが株の副業を始めるにあたってリスクとなるのが、損失リスクとなります。

株に限らず投資は元本保証や値上がりの保証はありません。全て自己責任ですので、まずはその部分を強く意識しておくことが重要です。

具体的な意識づけとしては、冒頭の目次で紹介しているように3つのポイントから考えるのもいいですよ。

株を始める時は損失について正しく認識しておく

株取引をする場合、損失が発生する前提で考える事が必要です。

どんなにプロの投資家でも、損失を発生させてしまう時はありますし、100%値動きを予測することはできません。

では、なぜプロの投資家や市場に生き残っている投資家は、利益を伸ばしているのか。

それは損失を可能な限り抑えるよう工夫しているからです。

リスク管理や損失管理などと呼ぶ場合もありますが、言い換えれば自身の資金に対してどれだけの損失を許容できるか、今取引している銘柄がどれだけの損失を発生させる可能性があるか計算して管理することを指します。

つまり、以下の項目が損失を抑えるために必要な考え方といえます。

  • 損失は発生するもの
  • いかに損失を抑えるか考える事
  • 損失を抑えるには損切のタイミングを見誤らない事
  • 自身の資金に対してどれだけの損失を許容できるか常に管理しておくこと

株で副業を始める前に余裕資金を確認

株で副業を始める時に失敗する例として、収入のうち生活費や将来の住宅・車購入資金を株取引に使って、生活が大変になった上で損失を発生させて資金が減ってしまうことが挙げられます。

最近では、株に関する知識も少しずつ広まっているので、株初心者のサラリーマンでも余裕資金で始めるということは何となく分かるでしょう。

株で利益を出す際、平均的に投資額の1%~数パーセントが大まかな利益率の目安となります。

もし余裕資金10万円で1日で10万円の利益が欲しいという場合、この考え方は非常に厳しく、自己資金100%を投入しても100%の利益率を確保しなければいけません。

これは、銘柄が1日に暴騰しなければ無理な数字で、ギャンブラーが取引するような値動きが極端に激しい銘柄を選ぶか、レバレッジを使うしかありません。

※レバレッジについては別ページにて解説します。

  • 生活費や将来の資金として貯めているお金以外を株取引に回す(余裕資金)
  • 余裕資金がどれだけあるか確認する
  • 余裕資金に対してどれだけの利益を出せるか試算 ※試算方法についても別ページで解説

そもそも株の副業が自分に合っているか再確認すること

あまり意識しない部分ですが、副業として株を始める際に相性が良いか確認してみることも大切です。

副業は失敗してもある程度リカバリーできますし、株も余裕資金の範囲内であれば仮に資金0円になっても生活に即影響を及ぼす訳ではありません。FXなどと違いマイナス=資金の支払いはないからです。

しかし、反対に利益を出し続けていても精神的に追い詰められることがあります。

人によっては利益が出ていても、いつ値下がりするか分からないといった、不安感から常にストレスを感じてしまうパターンがあるからです。

私も一時期ストレスを感じたことがあり、そのような時は株取引をしていませんでした。ですので、以下に並べたような事を考えながら、改めて副業として株を始めるか決めてみるのもおすすめです。

  • 値下がり、損失に対して不安感やストレスを感じたら1度やめてみる
  • サラリーマンとして働いている時に、株の値動きを確認しないこと
  • 株に投資したら損失も発生するものと割り切る気持ちを持つこと

株を始める場合は副業関係なく投資家として行動すること

サラリーマンとして働いていると、様々なストレスがありますが副業として株を始めたことで更にストレスを感じるようであれば、取引をやめて副業について考え直してみるのが大切です。

もし、それでも株取引で目標金額を稼ぎたいと考えたのであれば、取引テクニックを学ぶことや投資家として考え方を変えて冷静になれるよう努力してみること、現在の自己資金で目標金額まで稼ぐことができるのか計算してみるなどしてみます。

株で稼ぎたいのであれば、あらゆる点を詰めて副業関係なく、いち投資家として客観的に物事を見る事ができる心理状態や取引環境を作ることが必要となります。

こちらの記事も参考にしてみてください

副業として株式投資で稼ごう!【株式投資1-1】

コメント