クラウドソーシングで副業webライターを始めるには何から準備すればいいのか?

「会社の給料があと1万5000円上がればなぁ・・」

会社員として働いていると、給料に関する悩みはつきませんよね。

もし、今副業webライターについて考えていて、尚且つクラウドソーシングも候補に入れているのであればまだ始めるのを待ってください。

最低限必要な基礎知識を覚えてからにすると後々楽になりますよ。

猫好き管理人の私は、現在専業ライターですが最初は副業webライターから始まりました。

このページや当サイトは、その時感じたこういう情報があればなぁ、という現場レベルで必要な情報を紹介していきます。

クラウドソーシングで副業webライターとして働くには

クラウドソーシングで副業webライターとして働こうと考えているのであれば、まずタスク案件から始めるのがいいでしょう。

タスク案件は、即作業が始められて入金まで比較的スピーディなタイプです。

ライティング系のタスク案件は、500文字程度の少ない文章から公募しているものもあるので、初心者webライターでも取り組みやすいのが特徴です。

また、執筆ジャンルについても、ライフスタイルなど専門性があまり高くない案件が多いので専門知識を保有していない方でも執筆しやすいですよ。

経験談ですが、私もタスク案件からwebライターを始めて、大体一か月で慣れてきました。

特に意識したのは、タイピングスピードと情報の質、クライアントが求めている文体と内容を理解するという部分です。最初のうちは、どれも難易度が高いと感じるかもしれませんが、誰でも悩み・失敗するものですのであまり不安にならず、前向きな気持ちで取り組みましょう。

タスク案件の報酬についてですが、1文字0,1から0,5円の案件が平均相場となっています。業界水準から考えれば非常に安いです。正直いって、アルバイトの方が時給換算で高いです。

しかし、webライターは、実績を積み上げていけば少しずつ単価の高い仕事も得られるようになりますし、ライター関連の様々な仕事に繋がるものでもあります。

例えば、取材ライターやアフィリエイト、オウンドメディアの執筆、メディアの運営など様々な分野へ広がります。

クラウドソーシングでwebライターに必要なプロフィール作成の基本を覚える

副業webライターとして働く場合に、重要なことといえばプロフィール作成です。

クライアントは、あなたのプロフィールを見てwebライターの案件を紹介したり採用したりします。

プロフィールの作成例としては、

副業でライターをしております○○と申します。
現在本業として、○○をしております。←冒頭は簡潔に。

<専門分野> ←

仮想通貨・・○○通貨の投資経験があります。

株式投資・・○○年投資経験があります。

<スキル>

WordPress入稿可能

SEO対策 ○○年

タイピングスキル 1分間○○文字

<保有資格>
○○検定2級

○○技能士

<対応可能時間>
平日:○○時から○○時
土日:基本的に休業日とさせていただいております。

プロフィールのポイント

タスク案件などで実績を積み別案件の紹介許可を得たら、ファイルを添付して実力を見てもらうことが大切です。記事を見せる事ができれば、信頼を得やすいというメリットがあります。

また、将来的に独立して専業ライターとなりたいのであれば、プロフィール作成の応用ともいえるセルフブランディングは必須のスキルになります。

詳しくは、

「セルフブランディングとは?個人の市場価値を高めて仕事を確保する」

クラウドソーシングで副業webライターとして稼ぐには継続力が大切

副業webライターだけではありませんが、副業で稼げない原因の1つは継続することができないことです。

特にネット副業やwebライターとなると、断片的な情報で分かりにくく尚且つ様々な意見・情報があるので、自分のスタイルを確立して自信を持って働くまでがつらい側面もあります。

私も会社員時代に始めた副業初期は、試しては失敗or挫折の繰り返しで月に3000円稼げればいい方でした。

今思えば継続力と情報収集能力、他にも文章術やSEO対策など様々な部分でお話にならないレベルでしたが、何より続ける力が圧倒的に足りませんでした。

ですが、副業でwebライターを始めるということは、0からキャリアを積み上げることと同じです。

最初から会社員のように固定給が入る訳がありません。

できることから少しずつ試して、失敗すればそれは成功のために近づいている、そんな前向きな気持ちで自分を追い込み過ぎないようにするのが副業で稼ぐための大切なことなのではないでしょうか。

コメント