副業として社会人がデータ入力で稼ぐには?【未経験者向け】

クラウドソーシングの副業

社会人の多くは仕事で忙しく、データ入力の副業を始めたくても準備に時間を割けないのではないでしょうか。

また、初めて副業を検討しますと、そもそも何から手を付けるべきか分からなくなります。

そこで今回はデータ入力の始め方と働き方、どのような特徴があるのかご説明していきますよ。

データ入力で稼ぐには正確で速いタイピングスキルが必要

データ入力は文字通り様々なデータを入力する副業で、タイピングスキルが最も重要になります。

また、在宅副業として始める場合は、入力件数が収入に直結するので正確で速いタイピングスキルを持っていると、より稼げるということです。

タイピングは、日々の練習もしくは実際に仕事で経験していくことで、少しずつスキルアップしていきます。

データ入力の副業で稼ぐ方法はアルバイトと在宅ワークの2種類

データ入力の仕事は大きく分けて、アルバイト・在宅ワークのどちらかの方法を選んで始めます。

また、アルバイトと在宅ワークでは収入や仕事内容が違うので、それぞれの特徴を覚えた上でどちらで稼ぐか考えてみるのがおすすめです。

まずは在宅ワークでデータ入力を始める方法をご紹介します。

在宅ワークのデータ入力で稼ぐ方法

在宅ワーク(クラウドソーシング)でデータ入力を始めるには、まずパソコンとインターネット環境を準備しておく必要があります。

その次にデータ入力の仕事を募集しているウェブサービスに登録します。

1.データ入力を始めるためにパソコンとネット環境を整える

データ入力に必要な機材とソフト!
  • パソコン(ノートパソコン、デスクトップどちらでも良い)
  • インターネット環境

上記の環境に加えて、以下のソフトを利用できるようパソコンの環境設定もしておきましょう。

  • Googleスプレッドシート
  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント
  • テキスト

商品情報や数値入力などデータ整理の場合は主にエクセルを使用し、文字起こしや文章入力はワードやテキストを使用します。

経験上クラウドソーシングの場合は、エクセルやワードを使用するケースが多いため基本操作は事前に理解しておきましょう。

2.データ入力の仕事ができるサービスに登録する

パソコンとツールの導入まで完了しましたら、クラウドソーシングサービスなどへ登録を行います。

クラウドソーシングとは、クライアントとワーカーを繋ぐ仲介会社のことで、データ入力の案件も公募されていまして、未経験からでも始めることができます。

例えば、以下のクラウドソーシングサービスでデータ入力の仕事を探せます。

大手クラウドソーシングサービス一覧(全て無料で利用可能)

会員登録から作業まで、全て無料ですから「有料なのでは・・」といった心配はありません。

仕事を発注する側が報酬を支払いますから、作業を行う側が料金を支払うなんていうことはあり得ません。

上記以外のサービスで有料を謳うサービスを見かけましたら、登録や作業は避けるのが鉄則です。

アルバイトでデータ入力を始める方法

続いてはアルバイトでデータ入力を始める方法をご紹介します。

主に外で働きたい方や安定した副収入が欲しい方におすすめです。

また、パソコンは会社側で用意しますから、作業環境について在宅ワークよりもメリットがあります。

1.求人サイトでデータ入力の仕事を探す

まずは求人サイトでデータ入力の求人を探します。

検索ワードに「データ入力」と打つか、カテゴリ別にしますと見つかりやすいです。

以下のアルバイト系求人サイトで探してみると良いでしょう。

2.面接を受けて連絡を待つ

良い求人を見つけましたら、履歴書と職務経歴書を送りまして面接試験を受けます。

また、採用されるまでデータ入力の仕事について勉強しておくのもおすすめです。データ入力の仕事は、複数の業務があるため後述で紹介する仕事内容について確認してみましょう。

3.合格後、研修を受けてから実際の業務がスタート

全ての会社で研修が行うではありませんが、1ヶ月の研修期間を設けて業務を始めるケースがあります。

また、研修期間がある方がメリットを得られます。

なぜなら、その会社の雰囲気を掴むことができますし、基礎的なデータ入力スキルを1から学ぶことができるからです。

特に未経験でデータ入力を始める場合は、求人情報に研修有りと記載されている会社を選ぶのがおすすめです。

研修が完了しましたら、業務が始まります。就業時間については会社によって異なりますから、求人情報をよく確認しておきましょう。

在宅ワークでデータ入力の仕事を得る方法

アルバイトの場合は、会社から渡された作業をこなすため、案件を自分で探す必要はありません。

しかし在宅ワークの場合は、自分でデータ入力の仕事を探す必要があるため、作業に慣れるだけでなく仕事を得る方法も覚えておきましょう。

それでは在宅ワークでデータ入力を始める方に向けて、仕事を得る方法をご紹介します。

在宅ワークのデータ入力はクラウドソーシングなどで仕事を確保

在宅ワークでデータ入力を始める場合、どうやって仕事を確保するのかといいますとネット上で運営されているウェブサービスを利用します。

データ入力の案件を募集しているサービス・応募する方法
  1. クラウドソーシングで探す・・仲介会社。報酬から手数料が差し引かれる。
  2. SOHOで探す・・案件を掲載しているサービス。仲介ではなく個別に契約を結ぶ。1番と3番の中間
  3. 企業と直接契約・・文字通りデータ入力を募集している企業に直接応募する。

基本的にクラウドソーシングかSOHOでデータ入力の仕事を行うのが、未経験者におすすめです。

未経験可の案件がありますし、案件数が豊富なためです。

※在宅ワーク全般について更に知りたい方は、こちらの記事で更に説明しています。

在宅でできるアルバイトや内職とは?

クラウドソーシングとは?
クラウドソーシング:企業と労働者の繋ぐ仲介会社のようなもの、不特定多数の人に対して仕事を委託する。SOHOとは異なる。
業務委託とは?
企業と個人が個別に直接契約を結ぶ。アウトソーシングともいえる。

在宅ワークでデータ入力を行うメリット・デメリット

在宅ワーク方式でデータ入力の仕事を行うメリットは、以下になります。

データ入力のメリット
  • 休日や空いた時間にすぐ作業できる
  • 納期を守ることができれば、基本的に自由なスケジュール管理が可能
  • 人間関係のわずらわしさは少ない
  • 副業として月5000円~数万円は稼ぐことができる
  • 未経験でも始められる

続いて、在宅ワーク方式でデータ入力の仕事を行うデメリットは、以下になります。

データ入力のデメリット
  • クライアントとの相性は仕事を始めてみないと分からない
  • 単価が低い、1文字0,1円~1円が平均。
  • 休日と副業の区別が付きにくい
  • かすみ目や肩コリなどが出やすい

データ入力の仕事を募集しているサイトを探す時は、登録料や初期費用を謳う詐欺に気を付けましょう。

大手クラウドソーシングサービスのランサーズクラウドワークスは、実績がありますからおすすめです。

また、運営企業側が予め違法性のある案件を排除してくれますので、案件を探す際のリスクを抑えてもらっています。

アルバイトのデータ入力を行うメリットとデメリット

アルバイトでデータ入力の仕事を行うメリットは、以下になります。

データ入力のメリット
  • 職場で仕事を行うのでメリハリがつく
  • 職場に出勤するがPC作業がメインなので人間関係で悩むポイントは少ない
  • 未経験でも始められる
  • 時給制なので副収入の変動が少ない

アルバイトでデータ入力の仕事を行うデメリットは、以下になります。

データ入力のデメリット
  • 出勤する必要があるので本業とのシフト管理が大変
  • PC作業と言えども第二の職場となるので疲れる
  • ノルマが設定されている場合がある
  • かすみ目や肩コリなどが出やすい

アルバイトとしてデータ入力の仕事を行う場合は、ある程度安定した副収入が欲しくて時間に余裕がある会社員におすすめです。

データ入力の仕事内容は様々

データ入力は単純に文章入力だけなのでは、と感じますが実際はデータ入力の中に様々な作業が含まれています。

それらの特徴をよく掴んだ上で始めないと副業として稼ぐことが難しいです。

また、アルバイトと在宅ワークでは、同じデータ入力でも仕事内容に違いがあります。

ここではデータ入力をアルバイトと在宅ワークに分けて具体的な仕事内容をご紹介します。

在宅ワークのデータ入力は2種類の作業内容に分けられる

データ入力は在宅ワーク方式とアルバイトで、仕事内容に違いがあります。

在宅ワークのデータ入力は、以下の2種類に分けることができます。

在宅ワークのデータ入力は主に2種類
  1. 添付された資料や音声データから文章を入力する仕事
  2. 画像や登録作業などを含む仕事

クラウドソーシングの報酬は、1文字0.1円~1円が相場です。

仮に1文字0.1円単価で、1分間に200文字入力できた場合、時給換算で1200円前後は稼げます。

しかし、実際は集中力など諸々の条件を考えると、平均900円・8時間で7200円前後となるのが現実的な収入でしょう。

ポイント:収入を予測する時は作業効率低下を考慮しておく
  • かすみ目や肩コリなどで徐々に作業効率が下がることを前提
  • 本業の残業などで作業できない日を考慮しておく
  • モチベーションの変化で作業効率が変わる

在宅ワークの仕事を実例で紹介

在宅ワークでデータ入力の仕事を探すと、アルバイトでこなすデータ入力の仕事とは違う内容が出てきます。

以下はクラウドソーシングサイトで、募集されている案件を基にご紹介しました。

  • 添付された資料をワードやGoogleスプレッドシートに入力
  • 商品情報をエクセルにて整理し、登録していく
  • 他社のネットショップ情報を収集し、住所や電話番号などをエクセルに入力
  • 音声データを文字起こしする(テープ起こし)
  • 画像をワードなどに追加していく
  • 名刺に記述されている情報をエクセルに入力(住所・氏名・電話番号など)

アルバイトでデータ入力を行う場合は3種類

アルバイトでデータ入力を行う場合は、主に3種類の仕事に分けることができます。

アルバイトのデータ入力は主に3種類
  1. 手書きの資料や音声データをパソコンを使ってデータ入力する
  2. コールセンターなどで、顧客からの問い合わせ内容をデータ入力する
  3. 資料や伝票のデータ入力に加えて事務作業が追加されている

時給は地域によって違いがありますが、830~1500円程と考えておくといいでしょう。

また、タウンワークで算出された平均時給では、東京都の場合1201円となっています。

副業用の口座を開設しておくこと

副業を始める場合は、データ入力で稼いだ報酬だけを入金する口座を開設しておくのがおすすめです。

なぜなら、会計ソフトで帳簿作成する時や確定申告の際に、私生活で使っているお金と事業用のお金の区別を付ける必要があるからです。

1円でも間違えますと、その原因を調べなくてはいけませんし、間違った申告は追加徴税のリスクもあります。

そこで以下のような会計サービスに登録しておくと、口座と連携させて自動仕分けなども可能になりますし、帳簿作成と確定申告の作成もできます。

副業といえど納税の義務はありますから、帳簿作成と確定申告について準備しておきましょう。

おすすめの会計ソフト!簡単に導入可能

データ入力で稼ぐためには各仕事内容を事前に把握しておくこと

これから副業として、データ入力の仕事を始めてみようと考えている方は、まず以下の項目をクリアしておきましょう。

  • 在宅ワークかアルバイトどちらにするか
  • 在宅ワークの場合、どのようなデータ入力の仕事を行うか把握しておく
  • アルバイトの場合、求人情報を全て確認したか
  • 本業に支障が出ないスケジュール管理をしているか=無理のない副業日となっているか
  • データ入力に関するスキルがどれだけあるか。

特にスキル面については収入に直結しますから、タイピング能力や事務作業の経験などをできる範囲で勉強・練習しておくのも大切です。

未経験で在宅ワークを選んだ場合、アルバイトよりも副収入は低い状態でスタートすることを覚悟しておきましょう。しかし、経験を積めばアルバイトの収入を超えることも可能です。

今回の記事を参考にして、データ入力や副業について考えてみませんか?

アルバイト・在宅ワーク:まとめ

コメント