副業と在宅副業の探し方を徹底解説

副業の基本

「自分に合った副業を探しているけど、なかなか見つからない・・」、副業は多種多様な業種があるため、カテゴリごとに分けて検討した方が探しやすいです。

しかし、1から全ての副業をカテゴリ分けしながら選ぶ作業は、時間が掛かりなかなか副業を始められません。

今回は副業と在宅副業の探し方をはじめ、どのようなカテゴリでどんな副業が自分に合っているか、ご説明します。

副業の探し方は業種でカテゴリ分け

副業の探し方で、まず始めることはカテゴリ分けです。主に労働に対する収入の関係性と、働き方の2種類から分けることができます。

(1)は、労働に対する収入の関係性です。

副業のカテゴリ(1)
 

  • 成果報酬型
  • 労働報酬型

成果報酬型とは、仕事の結果に応じて収入を得られるタイプでアフィリエイトが代表的です。

一方、労働報酬型は、仕事の結果ではなく労働時間に応じて収入を得られるタイプで、アルバイトやウェブライターなどが該当します。

そして(1)を踏まえた上で、(2)を確認しましょう。

副業のカテゴリ(2)
  1. 技術と時間と結果が必要(技術+時間+結果=アフィリエイトなど)
  2. 技術と時間が必要(技術+時間=webデザインなど)
  3. 資本と技術は必要なく時間が必要(アンケートの謝礼など)
  4. 資本と技術が必要(資本+技術=EC業など)
  5. 技術も必要だが特に資本が必要(資本+技術=不動産投資など)

このように(2)では、資本・技術・時間で、副業を分けていて、以下に整理しています。

  • 資本:副業に投資できる資金と資金量のこと
  • 技術:各副業ごとに異なるが、ライターであれば文章作成能力などのこと
  • 時間:副業に充てられる時間のこと

まず、成果報酬型と労働時間型の副業どちらに興味があるか考え、その上で捻出できる資本や労働時間も書き出します。

そして前述のカテゴリに合った副業を探し、その副業に関する技術を持っているか確認します。

副業や在宅副業の探し方例

前述で紹介した方法から、例を交えて具体的な探し方をご紹介します。

例:今すぐ副業で月5万円が欲しい20代会社員、土日が休み、手取り17万円

  • 毎月の余裕資金1万円
  • web関連の専門スキルは無い
  • 投資経験も無し
  • 1ヶ月目から副収入が欲しい
  • 土曜日を副業の日にする予定

このような場合は、労働時間型の副業がおすすめです。なぜなら、土曜日を副業に充てられるだけでなく、今すぐ副収入が欲しいという理由があるため。

成果報酬型の副業は半年や1年後に初報酬を得られることも珍しくなく、非常に時間が掛かる特徴も持っています。

その分報酬額も大きくなりやすいですが、今すぐ月5万円を得たいと考えるのであれば、労働時間型でも達成できます。

そしてweb関連や投資関連のスキルがないのであれば、初心者でも始めやすい投資信託やウェブライターか、スキルを磨いて株式投資やwebデザインやイラストレーターを始める方法があります。

  • webライター
  • webデザイン
  • 投資信託
  • 株式投資

労働時間型と成果報酬型から選び、そこから労働時間と資本・技術から副業を厳選していくのが副業の探し方の1つです。

具体的な副業は、副業の種類にて詳細に解説しています。

副業の探し方にカテゴリ分けが良い理由

なぜ副業の探し方に前述のような、カテゴリ分けがおすすめなのか。

それは、いくつかの理由があるからです。

副業をカテゴリで分けて探す理由
  • 副業の種類が多く、1つ1つ確認している時間に取られてしまう
  • ネット副業も出たことで更に種類が増えた
  • 副業を探す作業と同時に、自分のスキルも整理できる

このように副業の種類が多すぎるため、1つ1つ調べていては始めることができませんし、副業選びで挫折してしまいます。

また、自分に合った副業を探すためには、技術や労働時間などをある程度絞った方が見つけやすいので、カテゴリ分けしながら探す方法をおすすめしています。

副業の探し方にカテゴリ分け以外の考え方も入れる

前述で紹介した副業の探し方に、他の考え方も加えて探してみると良いでしょう。特にスキル面は、本業や老後に役立つ可能性があるため重要です。

自己分析
  • 好きなことも含めて探す:興味・関心のある方が長続きしやすい
  • 長時間労働にならない:本業に支障が出ないことも考える
  • 将来を見据える:長期的に活用できる副業・スキルから探す
  • 目標収入を明確にする:収入に上限はなく、やみくもに副業して収入を増やして体を壊さないように気を付ける

体調面とスキルを意識しながら副業を探すのもコツです。

副業の探し方はカテゴリ分けがおすすめ

副業には、ネット副業や在宅副業、アルバイトや投資など非常に多種多様な仕事があり、どれも必要とされる資本や時間、技術が異なります。

そこで今回紹介した、2種類のカテゴリ分けを活用しましょう。

資本と時間、技術の3要素やどのような形で報酬を得られるか、はっきりするので効率よく選ぶことが可能です。

副業の探し方に悩んでいる方は、是非参考にしながら副業を始めてみてください。


コメント