webライターに必要な情報収集スキルの身に付け方

これから副業としてwebライターを始めようと考えているのであれば、タイピングスピードだけを意識してはいけません。

また、最近webライターを始めてみたけど、情報を集めにくくて執筆が進まないという悩みを抱えているのではないでしょうか。

確かに、webライターが執筆するテーマは様々で、自身の知らない・苦手なケースもあるかと思います。しかし、副業として月5万円や10万円を得たいのであれば、情報収集に力を入れることが大切です。

情報収集は、極端に難しい作業ではありません。また、webライティング中に情報収集していては作業効率が下がってしまいます。

まずは今回紹介する基本を押さえてみてはいかがでしょうか。

情報収集源は自身の知識だけではない

webライターを始めた方の中には、早く執筆しようと情報収集がおろそかになっているパターンがあります。

しかし、それでは作業効率が下がりますし、何より低品質な原稿となります。これでは副業として成り立たせるのが難しいです。

基本的に以下の方法で情報収集します。

  • 書籍
  • 電子書籍
  • テレビ
  • ニュース
  • 新聞
  • 公的機関のウェブサイト
  • 専門性の高いサイト

注意するのは、必要な情報を見つけたからといって、信頼できる情報かどうかです。

特にインターネットで情報を探す際は、まとめさいとなどを利用するのは控えた方がいいでしょう。

情報源が分からないことが多く、近年welqというまとめサイトが問題になったことは知っている方もいるでしょう。

その点、新聞や書籍、インターネットで検索する時は公的機関や専門サイトを使って、情報収集するのに適しています。

また、複数の情報源から情報収集するのも基本です。

専門サイトや書籍など信頼性は高いのですが、正確性を重視するのであれば1サイトや1冊のみで情報を決めるのは控えた方がいいでしょう。

複数の情報源から情報収集することによって、情報の違いや間違いなどに気付くことができます。細かい作業ですが、このような作業が単価アップや継続で依頼を受けられるかに影響します。

【こちらのページも随時更新していきます。】

コメント