クラウドワークスで月3万円の副収入を得る方法|自身の経験から詳細に解説

クラウドソーシングの副業

「副収入として3万円欲しいけど、独自のアイデアを考えるのは難しいしアフィリエイトやネットショップは時間と費用が掛かるなぁ」

「おっ、クラウドワークスっていうのがあるのか。でもどうやって稼げばいいんだろう・・」

「クラウドワークスを利用してみたけど、全然稼げない・・」

多くのサイトやブログでは「簡単に稼げる」・「スキルなしからできる」という方向性で紹介されていますが、準備無しでは副収入として月1000円台を稼ぐのが上限になる可能性があります。

つまり月3万円稼ぐためには事前の準備・工夫・スキルを磨いていく必要があります。

そこで今回はクラウドワークスを始めるにあたって、月3万円稼ぐために必要な準備とポイントをご紹介していきます。

今回は、私が経験してきたwebライター案件を中心に解説していますから、webライターの仕事を始める予定の方や最近始めた方は参考にしてみてください。

〈今回の記事がおすすめの方〉

  • クラウドワークスを初めて利用する
  • クラウドワークスでライターをやってみたい方
  • クラウドワークスを利用してみたいが不安感がある方
クラウドワークス【公式サイト】
ランサーズと並び大手クラウドソーシングサービスとして、2019年現在も運営しています。 データ入力など未経験者向けの仕事から、エンジニアや翻訳者など専門性の高い仕事まで幅広い内容が特徴的です。



登録後すぐプロフィールを充実して信頼性と透明性を確保

ライティング案件でも他のジャンルであっても、プロフィールの充実は必須項目です。

自分が何者か、何をしたいか、何ができるか端的にまとめることが継続依頼や良い案件を掴む1つ目のポイントです。

プロフィール充実のメリット!
  • クライアント側が求めている人材にマッチしていることをアピールできる
  • どんな人材か確認してもらえるため、信頼性を高められる
  • こちらから応募するのではなく、クライアント側から仕事を頂ける確率が上がる
  • ワーカー検索欄で上位表示が望める
  • 自分が受注した仕事を依頼されやすくなる
  • 継続依頼に繋がる

クライアント側は、実績0・プロフィールに何も書いていない方に仕事を任せるリスクを避けることでしょう。

クラウドワークスを利用したことが無い方・これから利用する予定の方は、登録後にまずプロフィールの作成・整理を行うことをおすすめします。

公式サイトはこちらから

プロフィール例を簡単にまとめます。
[table id=1 /]

ワーカー検索欄とは?

ワーカー検索欄とは、クライアントがワーカー(仕事を行う側のこと)を探す際に使用する検索ツールです。

需要のある執筆分野を選ぶことで仕事を増やす

クラウドワークスに限らず、未経験からライターを始める場合は執筆ジャンルを考えることが必要です。

得意分野や専門分野があれば、それに関連した執筆依頼があるか探します。

仕事の検索条件で【得意分野の名称】を入力し、見つかれば応募してみましょう。

基本的にウェブライターは、ライティング技術や経験年数で単価が異なりますが、知識や業界経験の有無によっても単価が大きく変化します。

従って、最初から文字単価2円などの案件がこなせる可能性もあります。

あとはクライアントへの対応力や執筆速度と、記事の質によって単価が上がるか・継続になるか決まるでしょう。

需要のある執筆ジャンル!
需要のある執筆ジャンルは、時期によって変わるケースもありますから、ここでは2019年以降に比較的多く依頼されていたケースを紹介します。

  • 恋愛系・・鉄板ネタともいえる。モテるためのポイントなど。
  • 美容系・・恋愛系と共に未経験でも参加できるケースが多い。美容系商材の比較紹介記事や集客記事の執筆など。
  • エンタメ・・人気アイドルや俳優に関する時事情報が中心。速報性が重要のため、短納期がほとんど。また、専門性が低いため低単価がネック。
  • 音楽・・特定のアイドルや歌手に関する情報が中心。ディープな情報を持っている方であれば高単価も期待できる。
  • 投資・・一時期は仮想通貨の需要も多かったが、現在は株式投資や不動産投資の需要が再び増えている。EATが必要のため経験者でなければ執筆できないケースも多い。
  • 健康系・・近年、医療や健康に関する一部まとめサイトで問題が発覚し、以降関連業務の経験者のみなどハードルが高い。

【ライティングをネーミングに活かす】

副業としてネーミングで稼ぐ方法とは?

得意分野が無い時は稼げる分野か好きな分野で選んでみる

得意分野が無い場合は、色々なジャンルに挑戦したり興味のある分野から選んでみるのがいいでしょう。

合間を見て他のライターを検索し、どのような案件で稼いでいるか市場調査してみることも大切です。

ただし、オールジャンルで執筆する時は注意点があります。

何でも受注していると、いずれ低単価案件に出会う瞬間が来ます。

低単価案件とは?
低単価案件とは、文字単価0.1円~0.8円程度の案件を考えますが、人によって低単価の境目は異なります。 しかし0.1円~0.4円台の仕事は、いくら早くこなしても月3万円の副収入が難しいです。

1文字単価0.5円ですと仮に1時間で1500文字執筆できるとして、時給換算750円です。

月3万円÷8日(土日)=1日3750円

1日に5時間稼働で達成できる計算です。

働きながら休日に5時間執筆作業を行うのは、非常に目や肩が疲れますし徐々に作業効率が下がっていきます。

ですから文字単価1円以上のライティング案件ができるよう、スキルアップが必要になります。

(私の場合は見出しやSEOの勉強・実績作りとして、開業当初は0.5円までなら受注していました。2018年6月頃まで)

数か月以上書き続けても1文字0.5円のままでしたら、何か原因がありますから探ってみましょう。

1文字0.5円以下が続く原因として考えられるもの
  1. 単価交渉をしていない
  2. クライアントとコミュニケーションが少なく信頼関係を結べていない。
  3. 予算の少ないクライアントと契約している
  4. 地雷案件に出会っている
  5. 文章・構成力が付いていないためクライアントからの評価が低い
  6. 作成記事に誤字脱字が多く評価が低いため単価を上げてもらえない
  7. 納期を守っていないため評価が低く単価を上げてもらえない

スキルアップのプランを立てることが収入アップに繋がる

最初のうちは文字単価1円や0.5円などのライティング案件が中心かと思います。

しかし、そのまま何も戦略を立てず書き続けていますと、単価が上がらず挫折しそうになってしまいます。

継続力も大切ですが、スキルアップのプランも同時に計画することが大切です。

ここがポイント!
  • 継続力が執筆速度や文章力、webライティングや知識の蓄積に繋がる
  • 戦略を立てて案件を受注し、単価アップや自サイト立ち上げなど幅を広げる

つまり今ある案件に向かって書き続けながら、スキルアップのプラン作成と文章術関連の書籍で勉強するのが効率よく月3万円の副収入を継続的に得るポイントです。

そこで、今回は私が購入したことのある書籍から、大手ニュースサイト:ナタリー編集部が販売しているライター向けトレーニング書籍をご紹介します。

文章構成力の基礎知識を付けたい方におすすめ
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス) 単行本(ソフトカバー)

2019年1月2日時点:単行本 834円~1404円 (在庫有)

2019年1月2日時点:kindle版 1274円

サンプル

地雷案件を避けて月3万円の目標を早く達成する

1点、クラウドワークスに限らず、ネット副業として案件を受注する場合に気を付けることがあります。

地雷案件は避けるようにしてください。

地雷案件とは:ライティングの場合(経験談や聞いた話)
  • 1文字0,1円~0,4円など低単価案件(実績ができたら1円未満も含めた方がいいです
  • 要求が異常に厳しい
  • 修正要求を無料で何度も行う
  • 作業開始後連絡が来ない
  • 納品後に支払いせず連絡できなくなる

このような案件は迷わず避ける、依頼が来たら断りましょう。

そして運営事務局へ違反連絡を行います。異常な案件が放置されていますと、業界全体に影響しますから見逃してはいけません。

私も過去に何度か1文字0.1円の依頼が来まして、断った後に運営事務局へ報告していました。

(あまりの低単価・シビアな仕様で本当にがっかりします・・)

これらの案件は時間を無駄にするだけですから避けましょう。

クラウドワークスで3万円稼ぐためには自分の市場価値を高めること

クラウドワークスのライター案件で3万円稼ぐためには、諦めず戦略に沿って行動することが副収入を得るために大切なことです。

今回作業内容については具体的に説明していませんが、最初からテクニックを覚えても活かすことは難しいです。

自分が実績になると判断して受注した案件は、品質と時間の両方を意識しながら書き続ける、これが重要といえます。

小手先のテクニックよりも、自分自身が積み上げてきた実績や経験が土台となりますよ。

公式サイトはこちらから
CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドソーシング・在宅ワークの関連記事

コメント