お小遣いを増やす!短期間の副業で副収入を得る

副業といっても毎月の飲み代や趣味に充てるお金のために、始めたいと考える方もいるのではないでしょうか?

副業の多くは腰を据えて取り組むタイプが多く、アルバイトは体力的な側面から本業に影響を与える可能性もあり、丁度いい仕事を見つけにくいといえます。

また、副業を探してみたものの種類の多さに、かえって迷ってしまい決められないケースもあります。

今回は、毎月1~3万円ほどお小遣いを増やしたいあなたに向けて、時間が掛かり過ぎず体力面でも疲れが出にくいタイプの副業ご紹介していきますよ!

お小遣い稼ぎに何時間充てられますか?

まずはお小遣い稼ぎに毎月何時間充てられるか、整理することが大切です。月1万円前後の副収入でも事前の計画が不可欠ですよ。

時間整理のポイント
  1. 1ヶ月の空き時間を整理する
  2. 1日に作業できる時間を見つける
  3. 予備日を必ず設ける
  4. 無理をしない

人によっては、休日の日中を全て副業に充てるケースもありますが、お小遣い稼ぎでは控えた方が良いでしょう。

そもそも生活費の為や将来の資産構築といった、必ず得なければならない収入ではなく、余暇を楽しむ側面が強いため、モチベーションを維持するのが難しいといえます。

目安として1週間に2~3日・1時間~2時間程度の作業時間を確保できれば、月数1000円~1万円程度は早い段階で得られると考えられます。

月5000円稼ぐならアンケートとデータ入力もおすすめ!

月1000円~5000円程の副収入が欲しい場合は、ウェブ関連の専門スキルを保有していない方でも1ヶ月目から稼げる金額です。

短時間でできるおすすめの副業!
  • アンケート・・アンケートモニターサービスに登録する
  • データ入力・・クラウドソーシング、SOHOに登録するか短期バイトに応募する

数10分から1時間程度の作業で、月5000円前後を稼ぐことができる副業です。

アンケートは最短数分で完了するため通勤時間などにもおすすめ!

アンケート内容は、普段使っている日用品などに回答するウェブアンケートから、企業が指定した会場に赴くタイプのアンケートまで様々です。

アンケートの報酬相場は数円~1万円程となっている
報酬についてはウェブアンケートが数円~数100円台が相場でして、電話アンケートや会場型アンケートは1万円台が多いです。

アンケートタイプによって報酬相場が変わりますから、様々な形式に参加するのがおすすめです。

アンケートに必要な物は主に以下の3点でしょう。簡単に始められて短時間で完了するのが大きなメリットでしょう。

  • スマホやパソコンなど通信端末
  • 登録用のメールアドレス
  • 報酬を振り込むための銀行口座(副業用に作っておいた方が良い)
公式サイトはこちらから


マクロミルは、アンケートモニターサービスとしては実績があり運営歴も長いです。会員登録から利用まで全て無料でできますから、一切の費用は掛かりません。

中には悪質なアンケートサービスもありますから、まずは大手アンケートサービスのマクロミルはいかがでしょうか。

験談(豆知識)

当サイト管理人の私もマクロミルに5~6年前から利用していまして、1ヶ月に500~1000円程度のお小遣いは得られています。

登録料や利用料など費用は一切掛かりませんし、別のサービスへ誘導されるなどもありません。

アンケート内容は、ウェブアンケートから会場モニターまで幅広く取り扱っており、高単価案件に参加できればマクロミルだけで5000円は達成可能でしょう。

データ入力は週に1~2時間程度は必要なため休日や仕事終わりなどがおすすめ!

データ入力とは、パソコンを使って商品情報や会社情報など、あらゆるデータをワードやエクセルにまとめる仕事が主な内容です。

データ入力の報酬相場は1文字単価0.5円前後や時給制など様々

データ入力は、短期バイトやSOHOなど様々な所で行われているため、時給制(バイトなど)や成果報酬制(SOHOなど)の2つに分かれています。

成果報酬制の場合は、1文字単価基準が多く1文字0.5円台からスタートする傾向があります。時給制の場合は、800円台から1000円台まで各都道府県の物価や最低賃金によって設定が異なっています。

データ入力に必要な物とスキルを以下に挙げます。こちらは、SOHOなどネット副業でデータ入力を始める場合に必要な物です。

  • パソコン
  • インターネット接続環境
  • エクセルやワードの操作方法(基本的な部分のみでも可)
  • タイピング能力(キーボードを見ないで入力できる程度)
  • 登録用のメールアドレス
  • 副業用の銀行口座

続いて、短期バイトでデータ入力を行う場合に必要なスキルですが、タイピング能力とエクセルやワードは基本ですが、会社独自のソフトを操作するケースもあります。

ただ、バイトの場合は労働時間が1日3時間や5時間、8時間の場合もありますから、短時間に月5000円稼ぐ目標とは多少ズレることを覚えておきましょう。

公式サイトはこちらから【クラウドワークス、ランサーズ】



クラウドソーシング「ランサーズ」

大手クラウドソーシングサービスのクラウドワークスとランサーズです。データ入力の仕事も取り扱っており、短期バイトよりも作業時間を自由に設定できるメリットがあります。

報酬は成果報酬制で、1文字単価で設定されていることがほとんどです。

登録から利用まで無料でできますから、コスト0から始められる副業でもあります。

公式サイトはこちらから【地域密着系アルバイト】

Workin(ワーキン)

アルバイト求人サイト大手ともいえるWorikinは、CMなどで1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

各地域に密着した求人を掲載しているのが特徴で、データ入力の求人も掲載しています。なるべく自宅から近場の職場を見つけた方が、体力面でも本業に影響を及ぼしにくいため、おすすめの求人サイトといえます。