隙間時間で稼ぐなら在宅副業がおすすめ!まずは月1万円稼ぐ

月1万円以下の副収入を得る

会社員として働いている場合、付き合いの飲み会・残業・夜勤・休出、そもそも本業が忙しく副業まで手を付けられないですよね。

また、時間を確保しておこうと思っても、繁忙期で副業に手を付けられないケースも出てきます。

このように副業を始めても、本業きっかけで継続させるのが難しいことが多いですが、まとまった時間を確保することを前提にしないことが、続けるコツになります。

つまり、副業は隙間時間で尚且つ在宅で稼ぐことを、選択肢に入れてみましょう。

そこで今回は隙間時間で副業を行うにあたって、隙間時間の長さや1週間にどの程度の時間を確保するべきか、そして経験から感じたおすすめの副業を紹介します。

隙間時間で副業を行うのは習慣付けとしてもおすすめ

経験談を交えながら説明しますが、今回ご紹介する隙間時間の定義は数10分から1時間程度で考えています。なぜ、経験談と付けくわえているかと言いますと、隙間時間として副業に充てられる時間は人によって違うからです。そして説明しやすいように、あえて私の隙間時間でご紹介しています。

隙間時間だけでなくルール付けを行うことが継続へのコツ

 

土曜日を副業の時間として考えていても突然の夜勤や休出によって、作業できないことが多々出てきていつの間にか、放置状態になりますよね。

また、そのような環境になってしまうと、副業に大切な「習慣」を身に付ける前に挫折してしまいます。ですので、隙間時間を使って副業を行うのは、単に稼ぐだけでなく次のステップへ進むための習慣付けに繋がります。

  1. 1週間のうち、1日だけを副業の時間にする。もしくは平日の仕事後に副業の時間を作る。
  2. 副業の時間は、1回に10分程度から1時間を目安にする。
  3. やむ得ない事情以外は、1と2のルールを守る。
  4. 本業が入ってしまった場合などは、無しにして代替日に行う。
  5. 必ず予備日を作る。繁忙期で副業ができない日の代わりにするため。

私の場合は、会社員として働いていた時に、オリジナルで上記のようなルールを付けを行い隙間時間に副業をこなしていました。

勿論、最初からうまくいくはずもなく、少なくも10回は挫折しています・・。

ですが、挫折と失敗を繰り返すうちに、作業しやすい時間帯と副業を見つけられるようになります。

隙間時間で副業を始めるなら、ルール付けも同時に考えて継続及び副業習慣を付けましょう。

隙間時間に適した副業は人によって違う

よく、隙間時間に合った副業〇選!という紹介がありますが、人それぞれ隙間時間の感覚は違うでしょう。また隙間時間にできる副業といっても、やる人によって作業時間や効率が変わるので一概におすすめはしにくいです。

ですので、ここでは私の経験という前提を付けた上で、隙間時間でできる副業をご紹介します。

最短10分で作業を完了できるネーミングコンペ

クラウドソーシングなどで公募されている、ネーミングコンペは最短10分で作業ができるタイプの副業です。ネーミングコンペとは、企業などが新商品やサービス名を公募し、採用した方に報酬を与えるものです。

ランサーズやクラウドワークスでは、毎日ネーミングコンペ案件が並んでいるので気になる方は、拝見してみるといいでしょう。

良い点は、当選すれば1~5万円の報酬を貰えることです。また、ただ報酬が貰えるのが良いということではなく、最短数10分で考えたネーミングが採用された場合、効率よく副収入を得られます。

私の場合は、過去40件程ネーミングコンペに応募し、参加賞で数100円程の報酬でしたので当選した経験はありません。

ですので、悪い点としては当選しなければ0円という点です。

ポイントとしては、以下のようにネーミングを考える時間を短縮することはできるが、当選確率を上げる為にキャッチコピー等に関する勉強時間を別途設ける必要がある点ですね。当然ですが、経験を積むことも大切でしょう。

  • ネーミングを考える時間は隙間時間で行える。
  • ネーミングに関する知識や基本を覚える時間が別途必要となる。

元本20万円の株式投資で月1万円を稼ぐ

投資というと、元本保証リスクがあるので敬遠する方も多いでしょう。しかし、時間・資本・技術といった要素のうち、時間を極端に抑えるのであればその他にリスクを移す必要あります。

投資に関しては今も続けているので、副業から将来の資産構築といった意味に変わっています。

株式投資は、一般的に100万円を用意するのが基本といわれていますが、私の場合は資本を用意できなかったので20万円から始める事にしました。

隙間時間で副業を行うという前提の場合、分析や注文作業は休日に行い平日は注文を入れた銘柄の値動きをチェックするだけになります。

いわゆるスイングトレードです。(1週間~1ヶ月のスパンで取引を行う方法)

この場合、慣れれば仕込みに1時間、仕事の日は価格チェックと場合によって注文の変更を含めても5分~15分程度で完了します。

ただし株式投資の場合は、隙間時間でできるというメリットと同時に、損失リスクと本業中に株が気になるというストレスリスクが考えられます。ですので、特に人を選ぶタイプの副業となり、自身の性格と方針を予め整理しておきましょう。

副業ライターとして短時間で稼ぐ

私は本業がライターですので、1日中文章を作成しても平気ですが、副業として隙間時間に始める方にとっては思いのほか執筆できずに挫折することもあります。

スキル系副業の中でも敷居が低いように見えますが、実際は文章力や専門分野に対する知識や経験、クライアントとのコミュニケーション、ウェブコンテンツの場合は特有の書き方など覚える事は多数あります。

ですので、隙間時間=1週間に1時間を副業に充てる場合、月1万円を稼ぐことも難しい可能性があります。しかし、作業の効率化や、文章を思い浮かべるのに慣れてきたら隙間時間でも月3万円程稼げる道も開けてきます。

未経験者が隙間時間でwebコンテンツのライターを行う場合、以下のような準備を行うのが基本です。

  1. クラウドソーシングや業務委託にて応募、タスク案件であれば即作業可能。
  2. 案件を受注したら執筆を行う。
  3. 場合によって加筆、修正対応を行う。
  4. 納品作業が完了したら、クライアントから支払い手続きが行われる
  5. 一般的に報酬は翌月に振り込まれる。

案件受注は、ランサーズサグーワークスCrowdWorks、などのクラウドソーシングから行うのがおすすめです。大手なので、案件数が豊富ですし将来的にフリーランスへの転身を考える場合、収入源の1つとして確保し続けることが可能です。

他には、シノビライティングやTARENT、ライターステーション、PENYAなどもあります。

副業を隙間時間で行うには余裕を持った計画が大切

副業に充てられるまとまった時間を確保できると理想的ですが、そうでない場合は1週間のうち「どの日のどの時間」を隙間時間として副業に充てるかしっかり決めておきましょう。

なんとなく、空いた時間に副業始めようと考えてしまいがちですが、その場合やる気が出ず他のことへ意識が向いてしまう可能性が高いです。

副業をこの日にやると決めておくことによって、習慣付けに繋がりますし日々の生活を見直すきっかけにもなります。

まとめますと以下の順番で、隙間時間で副業を進めるといいですよ。

  1. 副業ができる日を決める。
  2. 隙間時間がどの程度の時間か決める。
  3. 自分なりに決めた時間でできる副業を探す。
  4. 探した副業を試してみる。
  5. 副業が思いのほか時間が掛かるなど、失敗したら【3】に戻る。
  6. 継続ができて、月5000円でも稼げたらしばらく続けてみる。

コメント