副業と週末起業との違いとは?【一時的な収入と事業】

副業と週末起業は、一見すると同じような意味に感じるかと思いますが、仕事への考え方が明確に違います。

これから本業以外に収入が欲しいと考えている方は、この機会に収入を得る目的や人生との関わりも含めてどちらで取り組むか検討してみてください。

副業は本業のカバーで副収入を得ることが目的

副業は本業の収入に対する補填であり、趣味や車などちょっとした収入確保が目的です。また、仮に本業が無くなった場合、収入額が大きくとも安定した収入を確保することは難しいので、副業を1つの事業としてではなく一時的な収入源といった考え方が基本です。

なぜ、安定した収入を確保するのが難しいかといいますと、多くの場合副業は収入を得ることが目的なので職種や業種に関して、自分に合ったタイプを選び目標金額を稼ぎます。しかし、副業を本業にする場合、経営者として事業を安定化させるための施策や対策、ライバル企業などに負けないよう強みを磨いていく必要があります。

つまり、副収入を目的として仕事をした場合、経営部分がないので本業=収入の柱として数10年以上営むには不足していることが多いのです。また、一般的に既に存在する職種やサービスを活用して、副収入を得る点も副業の特徴です。

例:アルバイト、週3時間程のライティング、ポイントサイトなど

週末起業は起業家として休日に活動すること

週末起業は、自身が経営者として休日に起業活動を行い本業と同程度の収入、本業と2本柱となるよう1つの事業を営む際に使う言葉です。

副業との大きな違いは、週末起業は自身の強みやスキルを洗い出して、起業アイデアを生み出しオリジナルの事業を立ち上げて売り上げを出す点でしょう。

収入を得る点は共通していますが、そもそも本業の収入補填ではなく自身の事業として、もう1つの本業を立ち上げる点は副業との違いを理解する上で重要なポイントです。

週末起業はいきなり事業を立ち上げるのではなく自己分析から始める

週末起業を知る上でポイントとなるのは、副業と違い仕事を始める前に自己分析から始める点です。

起業を行うということは、自身の特性を明確に理解しておく必要があるので、自己分析を行います。

非常に工程が多く、自己分析だけで膨大な情報量になるのでこちらは別途記事を作成します。

ポイントを一部紹介しますと、以下のようなものがあります。

  • 4つの性格・・自身に合った起業方法を整理する
  • これまでの人生を振り返る・・隠れたスキルや起業アイデアを見つけ出す
  • スキルや趣味など全て洗い出す・・自分では気づかない、他人から見たら専門知識を見つける

副業と週末起業の意味を理解して取り組むことが大切

副業は本業収入の不足分をカバーするのが目的で、週末起業は自身で事業を立ち上げてもう1つの本業を作る、あるいは自己実現が目的です。

ですので、どちらをやってみたいかを検討してみて、会社員として働くことよりも何か別のことをしたい欲求がある方は、週末起業に取り組んでみるのがおすすめです。また、本業の収入が少なく、生活面で厳しい状況が続く場合も、長期的に考えて週末起業で収入基盤を作ってみる考え方もありです。

対して、趣味や住宅資金、車の購入資金、旅行費用の捻出といった、一時的な収入確保が目的であれば副業で短期的に稼ぐのがおすすめです。

ちなみに私の場合は、元々事業を立ち上げたいという漠然とした夢がありましたが、週末起業を知らなかったのでしばらくは副業を行っていまして、途中から週末起業を知って切り替えました。そのため副業及びフリーランス向けのサービスとして大手のランサーズCrowdWorks、を利用しつつ起業アイデアを練っていました。

現在も起業アイデアについて、定期的に考えているのでこの時の経験は貴重でしたね。

あなたもこの機会に副業と週末起業、どちらを始めるか検討してみるのはいかがでしょうか?

コメント