投資とは何か?貯蓄との違いについても解説【副業としての投資】

副業として投資を始める

投資は誰もが1度は聞いたことのある言葉でしょう。

また、今あなたは副業として投資を始めようと考えているのではないでしょうか?

投資は他の副業と異なり資産を築くことも可能で、老後の資産を蓄える意味でも始めるメリットがあります。しかし、一方で投資にはデメリット及びリスクも存在しますから、予備知識無しで取り組んではいけません。

まずは投資とは何かを知ることが大切ですよ!

それでは投資の意味や貯蓄との違いについて考えていきます。

投資とは何かにお金を投入して収入を得ること

投資とは「何か」に資金を投入して、将来的に投資した資金よりも多くの金額(利益)を得るものも指します。

一般的には株式投資などを思い浮かぶと思いますが、設備投資といった資産運用とは直接関係のないケースでも用いられることがあります。

ここがポイント!
投資は何かに自己資金を投入すること。そして金融商品によって「何か」が変わります。

  • 株式投資・・企業の株式に投資する
  • FX・・各国の通貨を買いや売ることで利益を得る(CFDの中に区分できる)
  • 債券・・企業などが国や地方公共団体に対して、資金調達する際に発行される券に投資
  • 投資信託・・各金融商品をまとめたものを、1商品として投資出来る
  • CFD・・株価指数や原油など幅広い指数や商品に投資出来る
  • 仮想通貨・・文字通り仮想通貨に投資を行う
  • 不動産投資・・土地や建物に投資する

現物取引や先物取引、信用取引や差金決済取引は、商品ではなく注文方法及び取引の仕組みに関する用語です。

投資と貯蓄は意味が異なる

投資と貯蓄の違いは、資産形成の考え方です。資産形成とは将来の生活に必要なお金をどのように確保していくか、ということです。

貯蓄は普通預金や定期預金などを利用して資金を保管する

貯蓄は金融機関に預けて、安定した保管・管理を目的としています。もちろん、金利が付いていますから1年ごとに少しずつ資金が増えますが、国内の銀行などは低金利なため大きな金利収入は期待できません。

ただし、預ける預金額が大きい場合は、金利収入も大きくなりますから人によっては、預金だけでも資産を増やすことは可能です。

投資は自己資金を使って資金を増やすこと

一方投資の場合は、資金を蓄えることが目的ではなく、資金を増やすことです。具体的には将来価値が上がることを予想して、自己資金を投入して利益を得られるように売買を繰り返していきます。

貯蓄と異なり、金利収入以外に売却益が得られます。また、資産形成しやすいのも特徴的で、定年退職後に必要な資金を確保するために始めるケースもあります。

ただし、自己資金が確実に増える保証はなく、自己資金が減少したり売買によって損失が発生することもありますからリスクについても認識しておきましょう。

空売りは価値が下がると利益が得られる
株式投資やFXなどの投資では、空売りと呼ばれる注文方法があります。 簡単に説明しますと、投資対象の価値が下がることで利益を得られます。 「売り注文」から始めるのが特徴的です。

投資の本質とリスク

投資はギャンブルと考えて、始めにくいと感じる方もいます。確かにギャンブル感覚で売買を繰り返していれば、損失リスクが大きくなります。

しかし、投資=ギャンブルではありません。

投資は単純にお金を増やす方法・遊びではなく、これから成長するであろう「企業や特定の市場」に資金投入する明確な意味があります。経済成長にとっても大切な要素です。

また、投資される側にとっては資金調達に活用できる方法でもあります。

やみくもに売買を繰り返していれば、自己資金が減り続けますが、投資に関する専門知識を学ぶことで意味のある行動に変わります。

投資だけでなく貯蓄や節約なども含めて家計を維持する

副業として投資に興味がある方は、投資のみに力を入れるよりも節約や貯蓄・保険の見直しについても同時進行するのがおすすめです。

投資は資産を増やす、いわば収入を増やす行為ですが、同時に支出を抑えるための行動も行うことでバランスよく家計を維持できるからです。

資産を増やすためには、支出を減らしつつ収入を増やすというシンプル且つ効率的な考え方を実行する力が必要です。

 

コメント