月極駐車場経営の初期費用とは?費用内訳を解説!

駐車場経営の副業

空いた土地を有効活用して、収入を得られる駐車場経営。アパートやマンション経営と比較して、コスト面でも負担が少なく手軽に始められる点も魅力的です。また、新たに土地取得して駐車場経営を始めることもできます。

また、駐車場経営に掛かる費用を把握しておくことは非常に大切ですが、初めての場合は費用内訳や相場など分からない点が多いところです。

今回は月極駐車場を検討している方に向けて、月極駐車場に掛かる初期費用と内訳をご紹介します。

月極駐車場は舗装方法によって費用が大きく変わるため、事前にどの方法で始めるか決めておくのがおすすめです。

初期費用は土地面積と舗装方法によって大きく異なる。

月極駐車場で必要となる初期費用の内訳は、主に整地費用です。そのため、どの程度の土地面積を想定して駐車場経営を始めるかにより費用も変動します。

また、舗装費用についても、アスファルト舗装やコンクリート舗装の内どれを選択するかによっても変わりますから、費用計算と同時に整地・舗装の計画を決めておくのがおすすめです。

舗装方法別の整地費用
  • 未舗装・・1000円~2000円/㎡、100㎡の場合10万円~20万円程度
  • アスファルト舗装・・4000円~5000円/㎡、100㎡の場合40万円~50万円程度
  • コンクリート舗装・・7000円~8000/㎡、100㎡の場合、70万円~80万円程度

また、土地面積×単価の他に、工事会社の重機・人件費・材料費といった工事費用が数万円程度上乗せされます。

例えば未舗装で100㎡の場合、15万円に5万円の工費を足して20万円といった計算です。

もちろん業者によって工事費用は異なるので、事前に複数の会社から見積もりをとってもらうのが基本です。

車止めや歩道切り下げなどの費用も計算

月極駐車場は整地だけでなく、車止めやライン引きなども必要になります。これらは駐車場利用者にとっても大切な設備・表示ですので、あらかじめ予算に組み込むのが一般的です。

整地以外に掛かる費用
  • 車止め・・1個につき約3000円程度。車をバックし過ぎないよう止めるためのブロック。
  • ライン引き・・業者によって異なるが約4万円~。10台で○○円といった計算が一般的。
  • 歩道切り下げ工事・・40万円前後。歩道と車道の段差をなくしスロープ上に変更する工事。
  • 区画ロープ・・必須ではないものの、あった方が良い。自費で行う場合も多い

土地や周辺環境に合った舗装方法を選ぶ

先程も軽く触れましたが、月極駐車場の初期費用は整地費用が大部分を占めており、土地面積によって大きく異なります。また、舗装方法ごとによっても、単価が変わるので費用を抑えるか、利便性等を優先させるかで初期費用の計算が変わる点を押さえておきましょう。

舗装方法については、周辺の環境や駐車場の状況に合わせて、何が適切か考えます。

ここでは更に詳しく舗装方法の仕組みと、周辺環境に合った選び方について解説します。

未舗装で整地のみ

未舗装といっても、購入した土地をそのまま駐車場に活用するということではありません。また、未舗装の場合に掛かる費用というのは、以下のような掘削作業や転圧作業になります。

  1. 土を削り取り車が入りやすい平坦な土地に整地
  2. 地盤を強固にするため、重機を使い転圧しながら砕石・砂利を敷き詰める
  3. 区画を明確にするためロープを張る(オプション)

どの程度土を削り取るかは、元の地盤がどれだけ強いかによって変わりますが、一般的に5㎝~10㎝程度です。

コンクリート舗装

コンクリート舗装も、整地作業自体は未舗装と同様に土を削り転圧します。ただし、舗装が必要になるため掘削量が20㎝程度と深くなるのが一般的です。

また、補強材としてワイヤーメッシュを入れるため、その分の材料費や作業が費用に上乗せされます。最も初期費用が高い理由でもありますが、見た目が綺麗で駐車されやすいメリットにも注目です。

  1. 土を削り取り車が入りやすい平坦な土地に整地
  2. 地盤を強固にするため、重機を使い転圧しながら砕石・砂利を敷き詰める
  3. コンクリート舗装を行いつつ補強材を組み込む

アスファルト舗装

未舗装とコンクリート舗装の中間辺りの費用になる、アスファルト舗装も作業自体は前2つと同様です。ただし、舗装のための掘削量は、コンクリート舗装よりも少なく5㎝程度で済みます。

  1. 土を削り取り車が入りやすい平坦な土地に整地
  2. 地盤を強固にするため、重機を使い転圧しながら砕石・砂利を敷き詰める
  3. アスファルト舗装を施す

周辺環境を調べるか不動産に聞いてみる

3つの舗装方法から何を基準に選ぶかは、駐車場となる場所と周辺環境です。住宅街で周辺に駐車場が少なければ、未舗装でも需要はありますし、家賃相場の高い住宅街であればアスファルト・コンクリート舗装に需要があるでしょう。

ポイント
  • 駐車場不足の土地か
  • 家賃相場は高いか低いか
  • 周辺に駐車場がある場合、どのような舗装方法か

周辺環境については、考えていても分からない部分が多いので、実際にオーナー自身が駐車場予定地周辺を歩いてみたり、不動産と調査や話を聞いたみたりするのがおすすめです。

初期費用は土地面積と舗装方法によって変わることを意識する

月極駐車場は、コインパーキングよりも比較的費用を抑えて始められるのが魅力です。特に設備投資などは、ほとんどないため、舗装費用が大部分を占めます。

舗装費用は未舗装・アスファルト・コンクリートの3種類があり、1000円~8000円/㎡と舗装方法や業者によって異なる点に注目です。他にもライン引きや歩道切り下げなど、駐車場に必要な機能を整えるために数10万円程の予算を用意しておきます。

月極駐車場の初期費用は土地面積と舗装方法によって異なりますが、数10万円~数100万円台で始めることが可能です。

マンションやアパート経営に必要な費用を捻出できないけれど、上記の予算を用意できる場合は駐車場経営を検討してみるのもいいでしょう。

また、初期費用の捻出が難しいけれど駐車場経営を始めてみたい方は、自宅の駐車場を貸すことで収入を得られる駐車場シェアリングもおすすめです。

【関連記事:駐車場経営】

コメント