駐車場を個人へ貸出す前に知っておくべきこと!

「月極駐車場を個人に貸す方法として、何があるのだろう・・」、といったように、自宅の空き地や駐車場、庭などを貸す方法について悩んでいるのではないでしょうか。

省スペースの土地や自宅の空き地や庭を個人に貸す場合は、駐車場シェアリングがおすすめです。バイクの駐輪場としても利用できるので、活用範囲が広い特徴もあります。

そこで今回は、初期費用0円・維持コスト0円で利用できる、駐車場シェアリングについて解説します。

【駐車場シェアリングサービスを詳しく知りたい方:解説記事】

⇒⇒駐車場シェアリングサービスを比較!初期費用と特徴や将来性についても解説

【月極駐車場の基本について知りたい方:解説記事】

⇒⇒サラリーマンが駐車場経営を副業として始める方法!

駐車場を個人に貸す方法

駐車場を個人に貸すには、月極駐車場やコインパーキングが代表的です。しかし、これらは一定の面積の土地を購入した上で整地したり設備を設置したりなど、場所と費用面で負担があります。

収益面では10万円以上の副収入も見込めますが、一方で初期費用の負担を掛けられない方もいるかと思います。

そのような時は、自宅の駐車場や小スペースの空き地(私有地)、庭なども個人に貸すことができる駐車場シェアリングの利用を検討してみはいかがでしょうか。

個人へ手軽に貸出ができる駐車場シェアリング

駐車場シェアリングとは、初期費用無料・設備や整地不要、毎月の契約料など不要で駐車場経営を始められるサービスです。

そのため低コスト・自宅以外の土地なしでも駐車場経営を手軽に始められるメリットがあります。

ただし、小スペースや車1台分の駐車スペースを個人に貸す場合は、月1万円から10万円の副収入と大きな金額は稼げません。

もし月10万円以上の副収入を望んでいる場合は、月極駐車場などと同様に別途駐車場専用の土地を購入して、複数の駐車スペースを確保することが必要です。

駐車場シェアリングサービスの種類

駐車場シェアリングサービス多数ありますが、その中でも実績や信頼性という点で特P・akippa・スマートパーキングなどをおすすめします。

どれも一定のユーザーがいるので、収益の見通しを立てやすいです。

【各駐車場シェアリングサービスを解説】

⇒⇒特Pは初期費用0円でオーナー登録ができる駐車場シェアリングサービス

⇒⇒akippaは初期費用0円で自宅の駐車場も貸すことができる駐車場シェアリングサービス

⇒⇒スマートパーキングは初期費用0円でアプリでも始められる駐車場シェアリング

駐車場を個人に貸すリスクとは

駐車場シェアリングサービスといえども、月極駐車場やコインパーキングと同様にリスク0訳ではありません。

自宅の駐車場を簡単に貸し出せるからこそ破損などに注意

たとえば自宅の駐車場を貸した時に、ブロック塀の破損なども想定できます。

ただ、前述で紹介した駐車場シェアリングサービスは、利用前に(借りる側)対物保険の加入必須ですので補償適用のフォローもあります。

更に24時間コールセンターにて、保険の専門スタッフによるサポートサービスも提供しているので、分からない点や万が一の状況もフォローを受けられるアフターフォローが魅力です。

駐車場を個人に貸す方法は色々あり月数万円の副収入も可能

駐車場を個人に貸すことは、スマホやインターネットの発展によって始めやすくなっています。

特にスマホアプリ対応型のサービスは、外出中や忙しい方でも予約管理から売上管理まで一括でできるので作業時間を短縮可能です。

これから駐車場経営をしてみたいけれど、時間・経験・資金面で難しい方は駐車場シェアリングサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント