タイムズで土地なし駐車場経営はできる?

「土地なしでもタイムズの駐車場経営を始めたい。でもどのようにはじめたらいいか分からないし、初期費用にいくらかかるのか、儲かるのか知りたい」

このようなお悩みを解決できます。

この記事では以下の内容について解説しています。

  • タイムズのサービス内容
  • タイムズで土地なしの駐車場経営を始める方法
  • 初期費用と利益の目安
  • タイムズのように土地なしで駐車場経営を始める方法

本サイトは副業専門サイトとして、副業経験やサービスの使い方、コツや注意点について徹底的に分析、解説しています。

タイムズのサービス内容と特徴

タイムズは駐車場経営を始める人へ向けた、サポートを主なサービスとしています。

タイムズの仕組みとサービス内容

タイムズには、時間貸し駐車場のサービスを利用できる「タイムズ」と予約制駐車場の「タイムズのB」の2種類に分かれています。

  • タイムズ:時間貸し駐車場、現地精算
  • タイムズのB:予約制駐車場、クレジット精算

どちらも駐車場経営のために土地を準備しなければいけません。

つまり事前に土地を購入・借りる必要があります。

もし、この時点で土地を購入する余力もないし、借りることも難しいと感じた場合は一旦保留にしましょう。

しかし土地を借りた上で駐車場経営を始めたいと考えている場合は、土地探しを行いタイムズへ資料請求・問い合わせをしてみるのがおすすめです。

駐車場経営は確実に稼げる手段ではなく、行動力と綿密な計画が重要です。何となく始めようとしているのであれば、別の方法で副収入を得るのがおすすめです。

  • webコンテンツを作成、原稿料を受け取る
  • ウェブデザインやイラストの仕事を請け負い、報酬を受け取る
  • 株式投資やFX、投資信託を始める
  • フリマアプリやオークションで収入を得る

タイムズで土地なしから駐車場経営を始めるためには土地を借りる

結論としては、土地なし=土地を借りることが、タイムズで土地なしから駐車場経営を始める方法といえるでしょう。

簡単に流れを以下にまとめました。

  1. 土地を借りる
  2. タイムズもしくはタイムズのBにオーナー登録
  3. 毎月借地料を土地を保有している方(地主)に支払う
  4. 駐車場利用者から駐車料を得る

利益を得るためには、駐車場経営で得た収入が借地料よりも上回ることが絶対条件です。

土地を借りて始めるメリットは、土地の購入資金を用意できなくても始められることです。

一方注意点は、借地料と売り上げのバランスを維持できるかどうかを見極めが難しい点です。

土地を借りる方法

土地を借りる方法は、以下の通りです。

  1. 不動産会社のサイトで土地を探す
  2. 建物が建築されていない更地から検討
  3. 契約
  4. タイムズで整地や準備を行ってもらう

タイムズで土地を探すサービスはありませんので、不動産会社で土地を探し契約する必要があります。

土地取得にかかる費用

土地を借りる場合は、借地料が掛かります。借地料とは、土地を借りて使用するために支払う費用のことです。

そして借地料の相場は、土地面積などによって変わりますが、土地評価額500万円の場合は月2~3.3万円前後になります。

借地料の算出方法は4種類で、固定資産税や土地を売却した場合の価値などから決めているのが特徴です。

  • 賃貸事例比較法:周辺環境から算出。計算しやすいものの周辺環境の資料や情報を正確に集める必要がある
  • 公租公課倍率法:固定資産税評価額から算出。一般的に7%前後で決まる。
  • 収益分析法:建築物を建てた場合に、どれだけの収益を見込めるか算出し、その想定利益から借地料を決める。不動産会社など専門企業へ依頼するのが基本。
  • 積算法:土地の価格に利回りを掛けて、さらに各種費用を差し引き算出。

タイムズ以外で土地なしから駐車場経営を始める方法

土地なし=土地を借りて駐車場経営を始める方法ですが、前の項目で解説したタイムを活用したやり方以外にも個人経営・共同経営・委託経営も覚えておきましょう。

  1. 個人経営:土地探しから整地、集金まで全てオーナーが準備・管理。初期費用の捻出など手間は掛かるものの、借地料以外の中間マージンはないため収益率を高めやすい
  2. 共同経営:土地探しや契約までは個人で行い、駐車場経営に必要な管理作業などは企業に委託。管理費用と借地料が主なコスト。
  3. 委託経営:全ての作業を企業に委託。一般的に土地は賃貸ではなく購入する。

土地を借りなくても駐車場経営を始める方法

土地を借りたり購入したりすることで、駐車場経営を進めるのがこれまでのスタンダードでした。

しかし、近年では第3の選択肢も出てきたので、土地なし=別途土地を取得する必要や土地を借りる必要もありません。

駐車場シェアリングで自宅の駐車場を空いた時間に貸す

駐車場シェアリングの場合は、自宅以外の土地だけでなく自宅の駐車場や空いたスペースを貸すことができます。

一般的な駐車場経営と違い、手軽にサービスを始められることやコストを抑えられる点がメリットです。

主な特徴を以下にまとめました

  • 初期費用0円
  • 設備投資不要
  • 自宅の駐車場も貸せる
  • 駐車スペース1台あたり1万円前後の収益を見込める
  • 手数料は収益から差し引かれるのみ、毎月一定のコストは発生しない

コスト面で考えた場合は、タイムズなど駐車場関連の企業と契約・委託するよりもメリットのある方法です。

タイムズで土地なし駐車場経営を始めるか駐車場シェアリングを利用するか

駐車場経営を始める時は、目的や予算、リスクの許容範囲などから選択することが大切です。

  • 借地料を差し引いても利益が残る場合はタイムズで駐車場経営を始めるのもあり
  • 借地料があると経営計画に無理がある場合は、まずは土地購入を中長期的に考える
  • そもそも土地を借りる・購入ことに不安がある場合は、駐車場シェアリングで自宅の駐車場を貸すことから始める

駐車場経営は、土地を購入すれば土地の使用料を支払う必要がないものの、初期費用を回収するまで利益は少ない可能性もあります。一方土地なしで駐車場経営を始める場合は、初期費用を極めて小さくできるものの借地料が掛かります。

どちらもリスクコントロールは必要ですが、土地の規模に合わせて月20万円や50万円といった売上を得る事が可能です。

ローリスクローリターンを希望している場合は、駐車場シェアリングで自宅の駐車場や空いたスペースを貸しだしてみるのもおすすめです。

車やバイクなどの駐車に利用してもらい、月1万円や5万円の収入を目指すことができます。

コメント