サラリーマンが駐車場経営を副業として始める方法!

駐車場経営の副業

「副業として駐車場経営で副収入、もしくは不労所得が欲しいな。」

駐車場経営は不動産投資の1つであり、副業として経営している方もいます。つまり、サラリーマンが副業として駐車場経営できます。

しかし、副業として始めるといっても、どのような手続きが必要か分からないことが多く、不安の方が大きいのではないでしょうか。

駐車場経営を始めるためには、まず以下の2点を押さえて準備すればひとまず1段階進んでいます。

  • 駐車場の運営方法
  • 駐車場経営の経営方式

それでは上記2点を中心に、サラリーマンが副業として駐車場経営を始める流れと、覚えておくべき基本をお伝えします。

予算がどれだけ用意できるか整理

駐車場経営を副業として始める前に、まずは予算がどの程度あるのか整理するのが必要です。

駐車場経営に必要な費用は、コインパーキングや月極駐車場、そしてどのような方式で経営するのかによって変わります。

駐車場経営は予算に幅がある
  • コインパーキングで土地を業者に貸す場合は初期費用を0円にできる
  • コインパーキングを土地を別途取得することも含めた場合は初期費用が200万円~300万円
  • 月極駐車場は土地を保有していれば整地費用のみ。(舗装方法によって費用が異なる)

駐車場をどのような形で運営するか決める

捻出できる予算が把握できた時点で、運営方法について検討しましょう。

駐車場経営の運営方法には、以下の3種類があるので予算との兼ね合いを考えつつ決めるのがおすすめです。

1.コインパーキング

コインパーキングとは、専門業者と契約して設備投資と管理を行います。また、駐車料収入の変動は駐車場の出入り回数によって異なります。

土地取得と整地、コインパーキングの設備投資といった部分で費用が掛かるのが特徴です。

コインパーキングの専門業者に管理を任せて毎月一定額を受取る方法と、設備は購入して管理を業者に任せて管理費を支払いつつ収益を受取る2つの方法があります。

収益の大きさでは、後者の方がより多く受け取れる方式です。

2.月極駐車場

月極駐車場とは利用者と駐車場の利用契約を結び、毎月契約料を受け取る方法です。コインパーキングと異なる蹴役方式なだけでなく、設備投資の必要もないので初期費用を抑えやすいメリットがあります。

不動産会社に相談・契約手続きを行い、利用者の募集や管理を依頼して運営する方式です。

3.駐車場シェアリング

駐車場シェアリングは、近年リリースされたサービスで自宅や空いた土地を貸すサービスの総称です。初期費用0円で始められる手軽さが人気で、駐車場経営を副業として始めたいけどコストがネックになっている方にもおすすめといえます。

月極駐車場の場合は経営方法に種類がある

運営方法の他にもう1点、最初に覚えておくことがあります。

それは経営方法についてです。

主に月極駐車場(時間貸しも含む)に関してですが、以下の方法から選んで経営を始めます。ですので、最初に経営方法を決めて置いた方が、初期費用や収益の計算もしやすいです。

経営方法:月極駐車場の場合
  • 共同経営方式:不動産会社などと共同で経営していく。
  • 管理受託方式:開業手続きから管理まで業者に委託する。
  • 経営サポート方式:コンサルタント会社から指導を受けながらオーナーが経営する

どの方式にするかは、副業に取れる時間とどれだけ経営に入りたいかによります。ただ、駐車場経営は立地条件などで難しい側面もあり、コンサルタント会社や不動産会社と共同で経営するのもおすすめです。

駐車場経営の基本を知った上で次のステップに進む

駐車場経営は簡単に収益を得られる副業ではありませんが、労働集約型の副業と比べて時間と準備に余裕を持って取り組むことができるのも魅力です。

また、コインパーキングや月極駐車場、駐車場シェアリングサービスのうち、どれを選ぶかによって難易度や収益率も大きく異なります。

ただし駐車場経営の大きなメリットは、自分が働いて稼ぐタイプの副業ではなく家賃収入と同じく不労所得に近いということです。この点に魅力を感じているのであれば、始める意味があるといえますよ。

今回ご紹介した内容は基本中の基本ですので、次の記事では各駐車場経営の始め方について更に詳しく解説していきます。

【関連記事:駐車場経営】

コメント