サラリーマンが在宅副業するために必要な準備を経験から解説

副業の基本

給料があと少し増えれば・・ということは誰もが1度は考えることです。また、休日に在宅副業を始めようと決める方もいるでしょう。

しかし、これまでサラリーマンとして働き、組織の中で働く思考回路ができているため、自分で開拓する副業は非常に難しいと感じやすいのではないでしょうか。

そこで、今回はサラリーマンが在宅副業を始めるために必要な準備と流れ、そして在宅でできる副業とウェブサービスについて解説します。

在宅副業はいきなり始めないこと

在宅副業で早く副収入を1万・2万円と欲しい気持ちは分かります。

しかし、やみくもに在宅副業を始めても、自分に合わない副業を始めて挫折してしまう可能性がありますし、詐欺に遭うリスクもでてきます。

そのため準備が何より大切です。

  1. 在宅副業の種類を把握する
  2. 在宅副業に合ったスキルもしくは興味・関心のある仕事を確認
  3. 自身のサービスを立ち上げるか、各種サービスを活用する
  4. スキル不足を補うために勉強

これら4点を分かりやすく解説していきます。

在宅副業の種類を把握する

サラリーマンにとって在宅副業は未知の世界です。

私もサラリーマンの時は、在宅副業という言葉を見てもイメージできませんでした。

「よく分からない」、この状態が在宅副業を始める際に弊害です。

ですので、まずは在宅副業の仕事内容や種類を、ある程度把握しておくことがスピーディに副業を始めるポイントになります。

代表的な在宅副業
  • webデザイン
  • イラストレーター
  • 翻訳
  • webライター
  • アフィリエイト
  • ネットショップ

在宅副業に合ったスキルを持っているか確認

次は自身のスキルを軽く整理します。

たとえばwebライターに興味を持っているのであれば、タイピングができる・読書が好き、など関連するスキルや得意分野がないか探します。

また、仮に直接関係するスキルがなかった場合は、興味や関心のある在宅副業を選ぶ方法でも問題ありません。

サラリーマンの仕事と同じで、実際に現場でこなすうちに自然と身に付けられるからです。

ただ、得意分野やスキルを持っている方が、早い段階で副収入アップができるので念の為スキル整理を行います。

各副業に必要なスキル一覧
  • webライター:タイピングや文章作成能力、正しい日本語、SEO対策や特定分野に関する深い知識や経験
  • webデザイン:HTMLやCSS、イラストレーターやフォトショップソフトもこなせると尚良い
  • イラストレーター:文字通りイラストを描く専門的な技術、
  • アフィリエイト:コンテンツ作成能力やイラストや動画を使った解説、SEO対策やマーケティング技術、コピーライティング
  • ネットショップ:商材選定、マーケティング、ウェブサイト立ち上げに関する基礎知識、集客方法

web関係のスキルが無いという方は、上記のスキルを参考にどれを学びながら仕事をこなしていくか、候補を挙げていきましょう

在宅副業のサービスを活用するか自身で立ち上げる

ある程度、在宅副業の業種や必要なスキルが決まったら、どのような形で仕事を始めるか決めましょう。

例えば、webライターであれば既にライティング関係のサービスなどが立ち上がっているため、登録すれば仕事の依頼を待つか募集中の仕事へ応募することが可能です。

  1. 既に立ち上がっているwebサービスへ登録・利用
  2. ブログやウェブサイトを立ち上げ、集客を行いサービス提供する

サラリーマンが在宅副業を行うのであれば、1番から始めると比較的スムーズに仕事をこなすことができます。

なぜなら、既に仕事が募集されているか、依頼が来るため1ヶ月目から1万円の副収入を得ることも現実味があるからです。

ただ、アフィリエイトやネットショップなどのビジネスは、自身でブログやウェブサイトを立ち上げて運営しつつ、問屋やASP会社へ登録するため必ずしもwebサービスの登録・利用だけということではありません。

在宅副業に必要なスキルを勉強

在宅副業で特にハードルが高い部分の1つが、スキル不足を補うための勉強です。多くのサラリーマンは本業で疲れていることが多く、休日や仕事終わりに副業に必要なスキルの勉強は難しいといえます。

しかし、副業は楽して儲かるための道具ではありませんし、簡単にこなせて月数万円を貰えるような甘い話もありません。

残念ながら、そのような謳い文句のサービスの多くは詐欺や悪質な場合が多いです。

休日30分でもいいので、スキルアップの時間を設けることがポイントになります。

また、資格が必要な職種もあるため、そのような場合は以下のユーキャンなどで取得を目指すのも効率的です。

【資格取得を目指すならユーキャン】

 

サラリーマンが在宅副業を始めるなら効率を考えることが近道

基本的にどの在宅副業も何かしらのスキルや、一定の時間を必要とするためサラリーマンにとっては、時間の捻出が大きな課題となります。

そこで、1つの解決策が今回紹介した、スキルの整理と各業種のチェック、そしてスキルアップに向けた活動です。

スキル整理と各業種のスキルチェックをすることで、1から勉強しなくとも始められる在宅副業を見つけられます。

また、在宅副業を始めてからスキルアップの準備を行うより、準備段階で勉強や資格取得を始める方が、ゴールが見えて楽です。

楽しさや収入額も大切ですが、時間の確保が難しいサラリーマンは、【効率】も考えて在宅副業を始めるのがおすすめです。

コメント