在宅ワークとは?仕組みや内職との違いや疑問を解決!

副業に興味があるあなたは、在宅ワークについても関心があるのではないでしょうか?

在宅ワークは文字通り自宅で仕事をすることですが、副業=在宅ワークではありません。

「細かいなぁ・・」と思うかもしれませんが、各用語の意味について知ることは大切ですし、働き方を明確にイメージできます。

在宅副業・在宅ワークを目指しているあなたに向けて、在宅ワークの仕組みや意味をはじめ、副業との関係性や企業が導入しているケースについてもご説明します。

在宅ワークとは自宅で業務をこなすこと

冒頭でも解説しましたが、在宅ワークとは文字通り自宅で業務をこなすことです。

業務形態としては、副業として行う場合や個人事業主として専業で働くケース、本業に在宅ワークが組み込まれているケースなど、様々なパターンがあります。

ですから正確には、副業=在宅ワーク、ネット副業=在宅ワークではありません。

在宅ワークの働き方は様々!
  1. 副業として在宅ワークを行う
  2. 個人事業主として在宅ワークを行う
  3. 本業の中に在宅ワークの日(テレワーク)が組み込まれている

また、副業として行う在宅ワークは、納品を行った後に支払いが行われるのが一般的ですが、会社や利用しているサービスごとに支払い時期は異なります。

例えば大手クラウドソーシングサービスのランサーズやクラウドワークスは、15日・末日締めの翌月15日・末日支払いとなっています。

在宅ワークと内職は異なる

在宅ワークを知る上で、もう1つ混同しやすい用語があります。それが内職です。在宅ワークと内職は同じ意味に感じますが、実は意味が異なります。

内職は家内労働法で定められている

内職とは、内職の業務を提供している会社に登録し、働く業務形態となっています。そして、内職は家内労働法と呼ばれる法律で定められており、労働者と仕事をあっせんする会社側どちらも取り決めがあります。

雇用される働き方に近いのが内職の特徴です。

ここがポイント!
  • 家内労働法で、内職は物の加工や製造を行うことと定められている。つまり、自宅で仕事をする=内職ではありません。
  • 仕事を提供する会社側は、委託状況届を提出したり帳簿付けの義務があったりと細かな取り決めがある。
  • 物の加工や製造が主なため、手加工や組み立てなど量をこなす仕事が多い。

一方在宅ワークには、法律で定められている項目がありませんから、法律上でも大きく異なることが分かります。また、物の加工や製造に限られていない点も、内職との違いを表すポイントです。

内職の収入は?
内職の場合は、工賃という形で収入を得ることになります。また、企業側は工賃の支払いを1ヶ月以内と法律で定められているため、比較的スピーディに収入を得られるでしょう。

副業の多くは在宅ワークが可能

副業として在宅ワークを始めるためには、在宅で仕事ができる業種やサービスを探す必要があります。しかし、副業の種類は多いため、探す・確認する作業だけでも時間が掛かります。

そこで、以下に在宅ワークができる副業やサービスをご紹介します。

在宅ワークの始め方!
  • クラウドソーシングやSOHOなど仕事が公募されているサービスに登録する
  • 仕事を振り分けてもらえるエージェント形式のサービスに登録する
  • インターネット経由で営業活動を行い仕事を得る

続いて在宅ワークができる主な副業をご紹介します。

在宅でできる副業!

【短時間でこなせる】

  • アンケートモニター
  • 短文作成(500文字程度のレビューなど)
  • データ入力

【スキルを磨く必要がある】

  • ウェブライター
  • コピーライター
  • 取材ライター
  • 編集
  • 校正
  • ウェブデザイン
  • アプリ開発
  • システムの保守管理
  • イラスト作成
  • パンフレット作成
  • ポスター作成

etc…

 

コメント