残業代無しで給料が安い!生活を変える3つの対処法

副業特集ページ

「給料13万円で残業は月100時間・・、おまけに夜勤手当も出ない」

私も夜勤手当0や残業時間100時間越えを経験したことがあります。

給料も似たようなもので大変なものです。

そして今、このページを閲覧しているあなたもブラック企業に勤めていて、悩みを抱えているのではないでしょか。

このページでは、残業代0で給料が安く、おまけにボーナスも出ないなどの状態の方へ向けて、3つの対処法をご紹介します。

残業代や夜勤手当もない場合は転職が必要

ボーナスに関しては、会社側の義務ではないため転職先でも同様のケースになる可能性があります。

ですから、ボーナスが出ないのみで他に不満がなければ、今の会社に勤めることが賢明です。

しかし、以下のような不当な労働環境であれば、訴えるか早急に転職活動を始めるのをおすすめします!これからの日本は老後も働く必要があるため、現役世代にのうちに資産構築を行う必要があります。

現時点で年金支給額が減少傾向となっているのは明らかですから、自身の生活を守るためにも労働環境を立て直しましょう。

  • 残業代0円
  • みなし残業で安い手当
  • 給料が13万円など安過ぎる割に労働時間と内容が釣り合わない
  • 残業時間が労基法を違反している
  • 役職手当が付かない、付いても生活費を賄うことが難しい
  • 夜勤が連勤で休みがない
  • 夜勤手当が0円
  • パワハラ、セクハラを受けている

ブラック企業であるほど労働時間が長く休日がほとんどないため、仕事について考える時間がありません。

しかし、自分で考え行動しなければ、今の環境を改善することはできません。

仕事で鬱になったり、誤った判断をするぐらいなら、一般的に推奨されませんが辞めることから視野に入れましょう。

あまりに酷い労働環境ですと、転職活動やスキルを身に付ける時間、ましてや副業なんてできません。

ですから退職を先に行い、失業手当を受け取り一時的な生活費をまかないながら次の仕事へ進むのもありです。

ちなみに私の場合は、過去に上記の方法で転職活動をしたことがあります。正直、計画も準備もしていない状態のため、焦りや不安感はぬぐえませんでした。

ただ、退職できただけでも心身共に負担を軽減できたので、転職活動中の不安や焦りについては耐えられました。

ただし必ず退職から先にすればいい訳ではありません!

あくまで転職先が決まった後など、必要な準備を行った上で退職することが、生活を安定させるために適切な方法といえます。

現在、転職が難しい場合はネットを活用した副業を検討する

給料が安く、残業代0円でも、職場の人間関係等で苦しい状況でない場合や、現状の環境で働き続けることが出来る場合は、転職ではなく別の収入源を確保する活動を検討してみましょう。

いわゆる副業と呼ぶ場合もありますが、場合によっては起業にも展開できます。

これから副収入を得ようと考えた場合は、以下のポイントを押さえましょう

  • 一時的な収入増を考えている場合は、アルバイトや肉体労働も検討する
  • 数年以上の継続的な収入確保を考えている場合は、スキルを磨いたり時間労働以外で検討する
  • 副業を始める時は、副業の種類について調べる
  • ネット副業といっても、ネットショップや広告代理、スキル系など様々であることを把握する
  • 雇用されるタイプ以外の仕事は、スキルアップのために勉強時間や下積み期間が必要

アルバイト、パートなど雇用されるタイプの仕事以外ですと、どの仕事でもスキルと実績という土台が必要となるため準備期間が必要となります。

また、アルバイト以外の副業には、ネット副業以外もあり在宅以外で働きたい場合はそちらを選ぶといいでしょう。ただし、肉体的な疲れを減らすためにもネット副業もおすすめです。

ネット副業の場合を始めるためには、以下の機器が必要となります。

  • デスクトップパソコンorノートパソコン
  • スマホ、いつも使用している端末でOK
  • メールアドレス(Gメールなどフリーメールアドレス)
  • プリンタ(紙に印字しておく方が良い場面もあるため)

上記を見ると分かりますが、基本的に特別な機器が不要でも稼ぐことができます。

ただ、職種によってはソフトを購入したり、カメラが必要となったりするなどの場面はあります。

ネット副業というと何から始めれば分かりませんが、クラウドソーシングの

  • クラウドワークス

などは、未経験者でもパソコンを使った仕事ができるため、ネット起業を考えている方にもおすすめです。

デザインからプログラム、コンテンツ制作や編集など、ITに関する仕事の一部を垣間見ることができます。

→クラウドワークスの詳細はこちらから、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

諦めず多様な働き方について知り現状から脱出する

何より大切なことは、諦めないことと広い視野を持つことです。

会社員として雇用されて働くことは、安定した収入を得られる大きなメリットがあります。

自営業として現在働いていると、特に上記のメリットを痛感する場面があります。

しかし、会社員として働くことが全てではありません。

会社員とは数ある働き方の1つに過ぎません。

戦後からの日本では、終身雇用制度・会社員として1つの会社で働き続ける・老後は退職金と年金でまかなう。

このような形で経済成長していたため、多くの方が働き方や収入について柔軟な発想をしにくい状況でもありました。

ですが、今は違います。

退職金のない会社はありますし、低成長時代・少子化で年金支給額は減少傾向です。

これからは働き方について、柔軟に対応していく力を付けることが大切になります。

  • 会社員
  • 自営業
  • 起業
  • 資産家
  • パラレルワーク
  • 副業しながら会社員として働く

自分の性格や生活状況を冷静に考えて、これからの長い人生で何がベストか模索します。

私も今後会社員に戻る可能性がありますし、法人化させる可能性もあります。

全ては自分次第です!

この記事を読んだら今から次のステップへ進む準備をしてみてはどうでしょうか。

 

 

コメント